simple real life
症例:腰痛

症例:腰痛 / 30代 男性

 

先ず問診でお話を伺うと

 

デスクワークで疲れがたまってくると腰全体に張りを感じる

ギックリ腰も何度かやっていて

1週間前、椅子から立ち上がった時に左腰に激痛が走り

2日間動けずに寝ていた

下肢のシビレなどはなく

湿布と痛みどめ(家にあったモノ)で徐々に軽化も

長時間歩くと腰全体のハリ感が強くなり

まだ左腰に違和感・ハリ 動作時の怖さが残っている

 

次にカラダの状態を診ていくと

 

特に気になったのが

脊柱の柔軟性低下

左胸郭の可動制限

左腰背部〜側腹部筋肉の過緊張が診られ

前屈時の痛み

 

痛みをかばっていたせいか

日常のカラダの使い方なのか

かなりのアンバランスがあったので

思い当たることはないかと伺ってみると

仕事での姿勢も座位で左に捻りながら作業することが多いとのことで

 

運動不足やメンテナンス不足なども重なり

日々 左腰に負担がかかっていたものが耐え切れず

ギックリ腰という強い痛みでカラダが教えてくれた形に

痛みは落ち着いたがアンバランスは残ったままなので

動きの不具合(関節の悪い動きのクセ)と筋肉の過緊張があるための

違和感・ハリ感が出ていると考え

 

バランスを整えるように

筋肉・神経・関節・内臓にアプローチ

特に左の横隔膜に過緊張があり

その影響が強く出ているようでした

 

施術後は腰のハリ・痛みもなく

動きもスムーズに

 

ただ痛みが無くなったからと安心せずに

悪い動きのクセを一度リセットする必要があるので

今後は状態を診ながら施術間隔を空けていき

最終的には辛くなくても月1回は定期的に調整をして

合わせてご自分でもセルフメンテナンスしていくと

予防+健康の増進ににもなります

 

繰り返す腰痛(ギックリ腰)は何か原因が隠れています

この方の場合は普段何気なくしている仕事の姿勢が原因でした

 

グリーンライフカイロプラクティックでは

出ている症状だけを診るのではなく

カラダ全体として診て調整することで

本来、患者さん自身が持っている

治癒力を正常に働かせるようにアプローチします

 

 

同じような症状でお悩みでしたら

お気軽にご来院ください

 

きっとお力になれると思います

 

『そっと、明日に背中を押す施術院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

症例 comments(0) trackbacks(0)
症例:首の痛み、手のシビレ

症例:首の痛み、手のシビレ / 50代 女性

 

先ず問診でお話を伺うと

 

デスクワークが多く慢性的に首肩こりがあり

肩こりが酷いと右肘から小指にかけてシビレることがある

半年くらい前にストレッチで変に捻ったのか

翌日から右の肩甲骨付近が痛く上を向けなくなり整形外科を受診

ストレートネックと診断されリハビリに通うように言われるが時間が合わず行けず

痛み止めの薬で痛みは和らいだが(毎日飲んでいる)

今も上を向くと首肩が痛む

少しでも楽になれば・・・と来院

 

次にカラダの状態を診ていくと

 

右肩・右骨盤の歪み

骨盤の前傾

脊柱のS字バランスの崩れ

上を向くと首の下の方に痛み

 

骨盤の前傾が強いため

脊柱のS字バランスが崩れ

特に胸椎の柔軟性・連動性が低下しているために

頚部に負担がかかりコリや痛みが出ている

手のシビレは各検査をしても陽性反応は出ないが

デスクワークによる手や腕の過使用や

骨盤・肩の歪みの補正での負担と考え

 

骨盤・脊柱のバランスを整えるようにアプローチ

甘いものの取り過ぎや偏った食事もあり

内臓に負担がかかっているので

肝臓・横隔膜を調整

 

施術後は上を向いても痛みナシ

脊柱の連動性が出たため動きがスムーズになり痛みはなくなっているが

悪い動きの癖があるため

正しい動きを指導し

日常の姿勢や食事の改善をアドバイス

 

 

ストレートネックと病院で言われると

首が悪いと首だけの問題と捉えがちですが

骨盤・脊柱のアンバランスが首に影響を及ぼしていたり

カラダ全体として考える必要があります

 

グリーンライフカイロプラクティックでは

出ている症状だけを診るのではなく

カラダ全体として診て調整することで

本来、患者さん自身が持っている

治癒力を正常に働かせるようにアプローチします

 

その時に痛みが無いのがゴールではなく

これからも痛みの出ないようなカラダづくりが大事です

 

同じような症状でお悩みでしたら

お気軽にご来院ください

 

きっとお力になれると思います

 

 

『そっと、明日に背中を押す施術院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症例 comments(0) trackbacks(0)
症例:目の疲れ 頭痛

主訴:目の疲れ 頭痛 / 40代 女性

 

 

まず問診でお話を伺うと

 

元々、首肩のコリはあるが

ここ半年くらい目の疲れと頭痛(後頭部)が酷く

ほぼ毎日、鎮痛剤を飲んでいるとのこと

仕事が忙しく、帰宅も遅いため

食事もコンビニなどで済ませるなど偏っている

睡眠も不足していて慢性的な疲労もあり

たまにマッサージなどでケアはしていたが

根本的な改善が必要だと思い来院

 

次にカラダの状態を診ていくと

 

立位での重心の片寄りや

骨盤の前傾

背骨のS字カーブのアンバランス

頸椎の回旋可動域制限と痛み

 

下肢・骨盤の歪みを補正しているための

頭頚部への負担

目の疲れも頚部の筋疲労や血流が悪いために

出ていると考え

 

筋・神経・関節の働きを整えるように施術

食事の偏りもあり薬も飲んでいるため

内臓(特に肝臓)の働きを改善するようにアプローチ

 

施術後は頭痛・頚部痛もなく可動域制限も改善し目もスッキリ

 

いい状態を維持できるように

姿勢の意識と食事の改善をアドバイスし

 

1週間後の2回目の来院時は

目の疲れも気にならず頭痛もほぼ無し

毎日飲んでいた鎮痛剤も頭痛が出そうだった時に1回飲んだだけ

食事も気を付けてコンビニにも行っていないとのこと

 

頭や首が痛いからと言っても

そこだけが問題ではないことが多く

特に頭頚部は下肢からのバランスを補正するので

注意深く他との関連を探る必要があります

過去の怪我や手術が影響していることもあり

本人が自覚のないことも要因になっていたりもします

そして、食べ物の影響もかなり大きいと感じます

 

 

グリーンライフカイロプラクティックでは

出ている症状だけを診るのではなく

カラダ全体として診て調整することで

本来、患者さん自身が持っている

治癒力を正常に働かせるようにアプローチします

 

僕が治しているのではなく

ご自身のカラダが治しているのです

 

そこに気付くだけでも

カラダは変わりますよ

 

同じような症状でお悩みでしたら

お気軽にご来院ください

 

きっとお力になれると思います

 

 

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症例 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |