simple real life
こんなお店です。

 

IMG_20181029_192323~2_20181031084146.jpg

カステラは生きている・・・

 

 

生きているということは、

『治癒力』が働いているというコト

バランスを取ってくれているんです。

 

このブログで度々お伝えしていますが、

僕の施術の軸になる考え方なので、

またチョット表現を変えてお伝えします。

 

あなたのカラダには元々、『治る力』や『修復する力』があります。

ただ、その力を発揮するには時間がかかるコトもあり、

その能力を超えてしまうコトもあります。

 

そんな時に、ツボを押したり筋肉をケアしたり、

関節を矯正したりしてサポートすると、

その働きが発揮されやすくなります。

 

だから、治しているのではなく、

元々ある力を発揮できるように

お手伝いしているだけなのです。

 

という考えで整体施術をしています。

 

 

そして、

その力が発揮できていないというコトは、

発揮するコトを邪魔している何かがあるはずで、

それは、大体不自然な何かなはずで、

その邪魔をしている何かを取り除き、

過剰なモノは抑え、不足しているモノは補い、

本来の力が発揮できるようにサポートするというスタンスです。

 

 

 

不調の原因は様々で、

 

今までしてきたことや

今していること、

何気なくやっていることや

良くないとわかってやっていること、

やりたいことをしていないとか

やりたくないことをしているとか・・・

 

それをカラダやココロが不調(サイン)として

教えてくれているんです。

 

それが、痛みや辛さとして出ることもあるし、

人によって、それが肩に出たり、腰に出たり、内臓に出たり、

ココロに出たり、表面に出たり、奥に出たり、

歪みや関節の動きの悪さとして表れたりもします。

同じ人でも、いつも同じ所に出る人もいれば、

あちこちに出る人もいます。

 

それは、その人の持っている特性や体質でもあり、

弱い所や負担のかかり過ぎている所だったりもします。

 

必ず出る理由があり、

必要だから出ているのです。

そうやって、カラダやココロはバランスを取っています。

 

だから、出ている症状(結果)だけを見るのではなく、

歪みも、ずれてるから入れるとかではなく、

筋肉も、凝って硬いからほぐすとかではなく、

 

施術としては、

部分ではなく全体として捉え、

カラダやココロの状態をチエックして確認しながら

そっと手をあてるだけの時もあるし、

カイロプラクティックの手技で矯正して神経の働きを促したり、

(※無理にボキボキするようなことはしません)

東洋医学の五行の考えでツボを押して気の流れを調整したりします。

 

そうするとカラダの元々持っている調整する力が働いて、

外から力を加えなくても歪みが無くなっていることもあるし、

揉みほぐさなくても筋肉が緩んでいることもあります。

 

見た目の歪みがあまり変わらなくても

カラダが楽になっていれば、

それは許容範囲の歪みだというコトもあるし、

反応は様々です。

 

歪みが残っていると、

見た目だけを求めるのであれば、

変化がないとか効果がないとなりますが、

 

見た目はあまり重視しません。

 

気が巡っていれば、

ちゃんと必要な力が入るし、

呼吸もしやすいし、

ムダな力を使わずに安定した

その人に合った姿勢や状態になるからです。

 

そして、そういう状態が、

元々持っている治る力が発揮されやすい状態だと考えるからです。

 

胸を張って背中をピンと伸ばした姿勢は

見た目は良いかもしれませんが、

ムダな力が入り呼吸がしずらいはずです。

 

だからって背中を丸くしていては

呼吸しにくいですよね。

 

一般的に良い姿勢じゃなく、

あなたに合った姿勢があるんです。

 

 

歪みや硬さは結果であって、

カラダが、ここの関節を硬くした方が

今の状態ではベストだと判断し硬くしてバランスを取る。

逆に硬くなっていなかったら

もっと大変なコトになっているのかもしれないというコトです。

 

頑張ってくれているんです。

補ってくれているんです。

 

ただ、それも限界があります。

もう限界だよと教えてくれているのです。

 

だから、なぜ歪むのか

なぜ硬くなるのかを診ないと

改善はしにくいと思います。

 

 

 

 

筋肉の調整が必要な時はほぐしたり、

ストレッチを加えたりしますが、

 

グイグイ強く揉むようなことはしていません。

 

カラダの反応として強すぎる刺激はストレスなので、

防御反応を起こし逆に硬くなったり、

その時は気持ち良いと感じるかもしれませんが、

筋肉の繊維を痛めてしまうコトもあります。

それに、力が入ったままリラックスできていないので、

後から痛みや辛さが増したり、

終わった時にグッタリしたり、

次の日に揉み返しが来るなんてこともあります。

 

痛いのが効くと思っている人もいるので、

我慢して受けているという話もよく聞きますね。

 

僕は、

適度な気持ち良いくらいの刺激でリラックスして受けていただいた方が、

本来のカラダの治る力や修復する力が発揮されやすいと考えるので、

痛いと感じることはしませんし、強く揉む必要はないと考えています。

 

だから、

強く揉まれないと効いた気がしないとか、

ガチガチなので強くやってほしいという方は、

僕の施術は合わないと思います。

 

リラックスなのか

気持ち良さなのか

改善・緩和なのか

維持・予防なのか

メンテナンスなのか等、

何を目的にするかですけどね。

 

その時の、一瞬の刺激を求めるならいいんですけどね。

ただ、それは刺激なのでクセになりますよ。

 

良いとか悪いとかじゃなく、

そういう考えでやっていますというコトです。

 

 

僕が施術を通してお伝えしたいコトは、

『あなたらしく心地よく生活するにはこんな方法もあるんですよ』というコトです。

 

カラダの使い方や調整法はもちろん、

必要な方には段階を踏んで、

ココロの持ち方や食事や運動の仕方など、

あなたの目的や体質に合ったプランをアドバイスさせていただいています。

 

強要はしません、

あくまでも提案です。

 

やるかやらないか、

信じるか信じないかはあなた次第です(笑)

 

 

 

僕は、整体師として、

お客さん(患者さん)を迎える立場として、

そして、ひとりの人間として、

信頼してもらえるように、正直でありたいと思っています。

 

そして、お互いに気持ちのいい関係を築きたいのです。

長くお付き合いをさせていただいて時間をかけて

その関係を深めていきたいと思っています。

 

元々、グイグイ行く性格ではないので

時間がかかるんです。(笑)

 

 

あまり一般的でもないし、

万人受けする感じではないかもしれませんが、

こういう考えで施術をしているというコトを知って、

共感し興味を持って来てもらえる方が

お互いにいい関係を築けると思います。

 

 

何か感じた方はお気軽にご連絡ください(笑)

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

 

スタンス comments(0) trackbacks(0)
僕にできるコト

施術を通して僕にできるコトは

あなたのカラダに元々備わっている

『治る力』を発揮できるようにお手伝いをするコト

 

いつからどんなふうに辛いのか

などのお話を伺い

カラダの状態をチェックして

辛さの原因を探り

調整させていただくのですが

 

突発的に出た症状と

慢性的に続いている症状では

原因も調整法も違いますし

 

特に慢性的な症状は

原因が幾つもあり

積み重なっていて

薄皮を剥いでいくように

段階が必要なコトも多く

 

2次的・3次的に出ているだけで

本当の原因ではなかったり

 

歪みも

結果であって原因ではなかったりして

カラダのチェックをする時の

指標にはしますが

歪みをどうこうではなく

必要だから歪んでいるのであって

その必要が無くなれば歪みも無くなるし

許容範囲の歪みもあるので

それはその人の個性として捉えて

 

だから

整えるというよりは
整うようにお手伝いをする

という感覚で施術させていただいています

 

そして

ゆっくり改善していって

カラダにいい状態を思い出してもらって

いい状態を維持できるようにし

そこから更に健康になって

やりたいことがやりたいようにできるようになって・・・

 

 

 

目指すゴールはぞれぞれ違いますが

 

その場しのぎなのか

根本改善なのか

美容として見た目を変えたいのか

健康の維持・増進なのか

予防としてのケアなのか

 

最初は辛くて

とにかく、この痛みをどうにかしてほしいという方も

だんだん改善していくと

本当はこの痛みが無くなったら

こういうコトがしたいとか

アレもやってみたいとか

 

 

もちろん

出来るだけ早く良くなるように

最大限努力はしますが

もし一回で治ると

なぜ悪くなったのかを考えないし

注意もしないので

また繰り返して

また痛くなったら行けばいいとなり

 

だから

一回で治してくれとか

辛いところだけやってくれ

と言う方には僕の施術は合わないかもしれません

 

自分でもなぜそうなったのかを気付いてもらい

頼るのではなく

手助けをしてもらっている感覚でいてほしいのです

 

世の中には

ゴットハンドと呼ばれるような先生もいますし

一回でとか短時間でとか

そういう所もありますが

 

いろんな考えがあるし

それが良い悪いではなく

 

僕のこの仕事に対する考えや

みなさんとの関わり方として

その方が自然だと思うし

カラダはそういう風にできていると思うのです

 

 

あとは

やっぱり合う合わないもあるので・・・

 

それでも

仕事でしょうがないとか

わかっていても出来ないとか

ココが踏ん張りどころで少し無理をしなければならないとか

そんな時は頼ってもらってもイイですけど

 

 

ゴールを共有し

目指すゴールに向かい

僕が『そっと、背中を押す』

そんな感じでやっています

 

アナタのお越しをお待ちしております

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

スタンス comments(0) trackbacks(0)
関わり方(あり方)

以前にもスタンスという記事で書いたのですが

 

 

改めて患者さんとの関わり方について書きたいと思います

 

患者さんに対しての思いや

この整体という仕事に対しての思いを考えた時

何かずっとモヤモヤしているものがあり

なんだろうなんだろうと考えていると

やっぱり自分のあり方や生き方が

どうしても出てくるわけで・・・

 

そこでちょっと振り返ってみると

 

20代の頃はバックパッカーやったり

なんか楽しいことないかな〜なんて

フラフラしていて

30歳の時に自身の腰痛がきっかけでこの仕事に興味を持ち

カイロプラクティックの自然治癒力を高めるという考えに何かを感じ

一大決心をして専門学校に入り

治療院で経験を積み

何とか自分の治療院を持ち

多くの方に支えられ

今もこの仕事を続けられているわけですが

 

ずっと自分のスタンスで

いつもみなさんにお伝えしていることとして

 

僕が治しているのではなく

施術を通して

元々ご自身のカラダが持っている治る力(自然治癒力)を

僕が少しだけサポートしているだけなんですよ

カラダの声を聞けるように

もっと自分を信じ大事にして下さいねと

お伝えしていながらも

 

僕自身が患者さんの自然治癒力を

もっといえば自分自身を

信じていなかったのかもしれません

 

もちろん、来ていただいている方には

その時出来る自分の精一杯を

気持ちを込めて施術させていだだいていましたが

 

自分の中でなにかしっくりきていないものがあり

それが何なのかわからず

それを誰かのせいや何かのせいにしていたりして

どこか満たされない日々を過ごしていて

 

そうなるとそれはやっぱり出ますよね

仕事にも生活にも

生き方として出てきますよね

 

ようやく、今更ですが

それは自分自身の問題で

この仕事をやっていくという『覚悟』が足りなかった

ということに気付きました

それはどこか逃げ道を作っていたということで

 

この仕事を通して何かの役に立ち

来ていただいた方に元気になってもらい

そして、より良い人生を歩むキッカケになるような

『そっと、明日に背中を押す整体院』でありたい

と思って関わらせていただいているのですが

どうやらその『覚悟』が足りなかったようです

 

思い通りにいかないことや

嫌なことがあるといつも逃げて

 

『あり方』を見つめ直さず

『やり方』に救いを求めて・・・

 

そんな簡単なものじゃないんですよね やっぱり

 

振り返れば

いままでもずっとそうで

いつも逃げてばかりで煮え切らず

なんか違うなんか違う

こんなはずじゃないと

モヤモヤしながら生きてきたような気がして・・・

 

おっ重い・・・

自分で書いておきながら

沈んできましたよ(笑)

 

まぁ

もっと楽にもっと楽しく生きていけたらいいのにと

思うのですが

どうやら僕はこういう性分であるようで

 

楽と楽しくをはき違えて

重い・・・

 

 

そこで気付いたのが

考えてばかりいて感じていないな〜

そしてハラから動いていないな〜と

 

何かに突き動かされるような

カラダが勝手に動くとか

なんか冴えてるとか

そういうことをしばらく感じていないな〜

と思い

 

どうやら感覚よりも思考が優先されすぎていて

自分で自分を縛っていたようです

 

感覚って 本能 ハラの声 もう一人の自分 いのちの声 など

いろんな言い方ができますが

 

いのちの声に従い『覚悟』を決めれば

それを叶えるために

自然にそのように動くようになっているらしいです

 

だから自分の感覚を信じ

『覚悟』もってやって行けば

きっと何かが変わるはずですし

それがどうなっても納得できるわけなんですね

それって自分に対する責任なのかも・・・

 

信じるって大事ですね

僕を信じて下さいとは言いませんが

僕はアナタを

アナタの治る力を信じますよ

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

 

スタンス comments(0) trackbacks(0)
スタンス

患者さんの身体を診させてもらう時、いつも想っていること

 

それは、元気になるようにお手伝いをさせてもらいますね

ということです。

 

来院時に、まず今の状態についてお話を伺うのですが

いつから、どこが、どんなふうに、どんな時に辛いのか

表面的なのか奥の方で感じるのか など

 

痛みや辛さなど出ている症状や経過

何気なくしている癖や

過去の病気やけが

精神的なものや

栄養の過不足

飲んでる薬や

運動してるとかしてないとか

目に見えるものや

そうじゃないもの

いろいろ聞いちゃいます

(話したくなければ話さなくてもいいですよ
 話したいときに話してください)

特に慢性的な症状は

不調になる要因がいくつかあったり

二次的に出ているものだったり

原因に行き着くまでに

薄皮を剥いでいくように段階が必要だったり

 

でも、出てくる症状には必ず理由があります

必要だから出てくるのです

 

痛かったり、だるかったり、辛いかもしれませんが

カラダが治ろうとしているのです

 

ムリしたらダメだよとか

そろそろ休もうねとか

間違った使い方しているよとか

 

カラダが症状というサインを出して

教えてくれているんですね

 

最初は、違和感程度だったり

寝たり、お風呂に入ったら解消していたものが

そのサインを無視していたり

気付かないフリをしていると

強い痛みとして出てきて

もういい加減にしろよと

教えてくれているのです

 

元々、カラダには治る力が備わっています

 

僕は、その治る力が発揮できるようにお手伝いをしているだけです

 

だから、治してもらおうとか

治ったとか思わないでください

治る手伝いをしてもらったと思ってください

 

そして、なぜ症状として出てきたのか

なにが良くなかったのかを

ご自分でも考え、気付いてください

 

それは、もしかしたら精神的なストレスかもしれないし

偏った食事かもしれないし

運動不足かもしれないし・・・

 

きっと、自分を見つめ直しましょうということなんですよ

 

そう考えると

痛みや辛さも悪いモノじゃないんだと思いませんか?

 

だから、もっと自分のカラダを信じてください

(過信はダメですけど)

 

そのためには、いつもカラダの声を聴けるように

自分の内側に意識を向けるようにすることが必要です

いや、ホントはどうしたいか知ってるはずなんですよ

気付いてあげることが大事ですね

 

そうするといろんなイイ変化が出てきますよ

 

 

慢性的に辛いとか

いろいろ行ったけど改善しないとか

どこに行ったらいいかわからないとか

お悩みのあなた

きっと、そんなあなたのお役にたてると思います

 

 

ご来院お待ちしております

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

 

 

 

 

 

 

 

スタンス comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |