simple real life
疲れているコトに気付かない


痛いところはないけど

なんとなく調子が良くない

 

朝起きるのが辛い

 

全身がダルイ

 

何もする気がしない

 

目がかすむ・・・ など

 

本当はカラダからいろいろなサインが出ているはずなのですが

 

それに気付けず

 

または、気付いているけど気付かないフリをしているとか

 

忙しくて感じている余裕もないとか

 

慢性的になりすぎてわからないとか

 

そんなアナタ

自分が疲れているのに気付いていないのかもしれませんよ

 

もしかしたらそれは

疲れを感じるスイッチが

OFFになっているか

スイッチが動かなくなっているのかも?

 

アナタは今

自分のカラダとココロがどんな状態か

ちゃんとわかりますか?

 

せっかくカラダからサインが出ているのに

 

少し休もうねと言っているのに

 

栄養ドリンクやエナジードリンクで

無理やりONにしたり

ONになってるつもりになったり・・・

 

うちに来ている方も

僕がカラダをチェックした状態と

ご自身の自覚とが大体あっていればいいと思うのですが

 

疲れているコトに気付いていない方は

ほぼ全員、自覚と状態に差があって

 

指摘されて気付いたり

触れられて気付く感覚もあったり

 

 

来てもらえれば

施術で調整したり

セルフケアなど

イロイロとお伝えすることもできますが

 

なかなか来れないという方には

何でもいいから自分の状態をはかる目安を

持っているといいですよということをお伝えしています

 

そして、それは何でもいいんじゃないかと思います

 

いろいろありますが

わかりやすいのは

朝起きた時の感じとか

歩く時の足の感覚や呼吸の感じとか

デスクについた時の感じとか

とにかく『今の自分』を感じてみて下さい

 

毎日、何気なくやっているコトを

自分の内側に意識を向けてやってみると

今の自分の状態がわかったりしますよ

 

まぁ ダマされたと思ってやってみて下さい

 

意識を向けて続けてみる だけです

 

もしかしたら

何か発見があったり

新しい自分と出会うかもしれませんよ

 

それも感じられないのであれば

アナタは確実に疲れていますね(笑)

 

カラダの声に

気付いてあげないと

ふてくされて

言うこと聞いてくれなくなりますよ

 

自分じゃわからないという方は

施術を受けることで気付けたり

気付くキッカケをつかむことができますよ

 

ご来院をお待ちしております

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
そんな気がする


日々の様々なチョイス

 

コーヒーにしようかな紅茶にしようかな とか

この映画も見たいけどこれも見たい とか

マンションを買おうか一軒家を建てようか とか

 

日常のちょっとしたコトも

人生を左右する大きな決断も

 

あらゆるチョイスで溢れていますよね

 

結局、何事も選んで決めるのは自分なんだけど

 

それでも

考えて迷って また考えて・・・

 

そんなときは

正しいとか間違いとか

好きとか嫌いとかではなく

 

快か不快か

心地良いか心地良くないか

考えるのではなく感じるコトを大事にし

より心地良い方を選ぶようにしています

 

それでも迷う時は

こっちの方が『イイ気がする』方を選びます

 

言葉で説明できないけど

カラダが欲している感じとでも言うのか

湧き出てくるのか

元々あるモノなのか

そんな『イイ気がする』を

大事にするようにしています

 

もし、それが結果としていいチョイスじゃなかったとしても

そう感じたのだからしょうがないし

そうやって選んだんだったら納得がいきますよね

たとえ思うようにいかなくても

もしかしたらそれは

より良いチョイスができるように試されているのかもしれませんしね

 

より良いチョイスが

より良い人生になる

 

そんな気がする・・・

 

 

頭ガチガチの

カラダガチガチだと

いいチョイスはできませんよ

 

カラダを整えて

カラダが欲する声に

気付いてあげられるようにしましょうね

 

アナタのお越しをお待ちしております

 

 

『そっと明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
丁度イイ


あなたにとって『丁度イイ』って何ですか?

 

何が目安でしょうか?

 

それは数値なのか感覚なのか

 

科学的にどうとか

根拠がどうとか

それはそれで大事ですが

 

あなたのカラダは何て言ってますか?

 

自分の責任で決めてますか?

 

誰が決めるのか

自分なのか

会社なのか

病院の先生なのか

 

そこを頼ってはダメな気がします

 

人の言うことを聞くなとは言いませんが

ちゃんと自分で落とし込んで決める方が

イイですよということです

 

 

 

自分のカラダの声を聞くには

自分を大事にしないと

本当の声は聞けないですよ

猫は知っていますよ

自分の『丁度イイ』を

今、この場所でこの体勢で寝るのが

一番『丁度イイ』ことを

 

猫は動きたいときに動き

食べたい時に食べ

寝たい時に寝て

ストレッチもして

ペロペロ毛づくろいをして

自分の本能を大事にしていますからね

 

でも大事にするといっても

甘やかすということではなく

わがままということでもありません

自分の内側に意識を向け

感じてみるということです

 

まぁ猫のようにいかなくても

ちょっとだけでもいいから

自分にどうしたいかを聞いてみて下さい

カラダの声を聞くようにしてみて下さい

 

あなたにとっての『丁度イイ』が

感じられるはずです

 

感じられる方法として

出来れば毎日ずっと続けられるものがいいとは思いますが

それは年齢や季節で変わるかもしれませんし

その時のあなたにとって『調度イイ』ものであればいいと思います

 

僕の場合はカラダの声を聞く方法として

ストレッチや山登りなどの動的なものと

瞑想などの静的なもの

両方やると『丁度イイ』時もあります

簡単にできるものとしては

深呼吸がオススメです

 

あとはヨガとかウォーキングとか

とりあえず何でもいいからやってみて

感じてみるといいですよ

 

ポイントは内側に意識を向けるということです

 

あなたはどうですか?

ちゃんと自分を大事にして

カラダの本当の声を聞いていますか?

あなたのカラダは何て言ってますか?

 

いや、たぶん本当はわかってるんです

感じられていないだけで

それか忘れているのかもしれません

 

自分じゃちょっとわからないという方は

まずはちょっと人の手を借りるのもいいかもしれませんね

 

施術を通してカラダの声を聞けるように

お手伝いできますよ

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
関わり方(あり方)

以前にもスタンスという記事で書いたのですが

 

 

改めて患者さんとの関わり方について書きたいと思います

 

患者さんに対しての思いや

この整体という仕事に対しての思いを考えた時

何かずっとモヤモヤしているものがあり

なんだろうなんだろうと考えていると

やっぱり自分のあり方や生き方が

どうしても出てくるわけで・・・

 

そこでちょっと振り返ってみると

 

20代の頃はバックパッカーやったり

なんか楽しいことないかな〜なんて

フラフラしていて

30歳の時に自身の腰痛がきっかけでこの仕事に興味を持ち

カイロプラクティックの自然治癒力を高めるという考えに何かを感じ

一大決心をして専門学校に入り

治療院で経験を積み

何とか自分の治療院を持ち

多くの方に支えられ

今もこの仕事を続けられているわけですが

 

ずっと自分のスタンスで

いつもみなさんにお伝えしていることとして

 

僕が治しているのではなく

施術を通して

元々ご自身のカラダが持っている治る力(自然治癒力)を

僕が少しだけサポートしているだけなんですよ

カラダの声を聞けるように

もっと自分を信じ大事にして下さいねと

お伝えしていながらも

 

僕自身が患者さんの自然治癒力を

もっといえば自分自身を

信じていなかったのかもしれません

 

もちろん、来ていただいている方には

その時出来る自分の精一杯を

気持ちを込めて施術させていだだいていましたが

 

自分の中でなにかしっくりきていないものがあり

それが何なのかわからず

それを誰かのせいや何かのせいにしていたりして

どこか満たされない日々を過ごしていて

 

そうなるとそれはやっぱり出ますよね

仕事にも生活にも

生き方として出てきますよね

 

ようやく、今更ですが

それは自分自身の問題で

この仕事をやっていくという『覚悟』が足りなかった

ということに気付きました

それはどこか逃げ道を作っていたということで

 

この仕事を通して何かの役に立ち

来ていただいた方に元気になってもらい

そして、より良い人生を歩むキッカケになるような

『そっと、明日に背中を押す整体院』でありたい

と思って関わらせていただいているのですが

どうやらその『覚悟』が足りなかったようです

 

思い通りにいかないことや

嫌なことがあるといつも逃げて

 

『あり方』を見つめ直さず

『やり方』に救いを求めて・・・

 

そんな簡単なものじゃないんですよね やっぱり

 

振り返れば

いままでもずっとそうで

いつも逃げてばかりで煮え切らず

なんか違うなんか違う

こんなはずじゃないと

モヤモヤしながら生きてきたような気がして・・・

 

おっ重い・・・

自分で書いておきながら

沈んできましたよ(笑)

 

まぁ

もっと楽にもっと楽しく生きていけたらいいのにと

思うのですが

どうやら僕はこういう性分であるようで

 

楽と楽しくをはき違えて

重い・・・

 

 

そこで気付いたのが

考えてばかりいて感じていないな〜

そしてハラから動いていないな〜と

 

何かに突き動かされるような

カラダが勝手に動くとか

なんか冴えてるとか

そういうことをしばらく感じていないな〜

と思い

 

どうやら感覚よりも思考が優先されすぎていて

自分で自分を縛っていたようです

 

感覚って 本能 ハラの声 もう一人の自分 いのちの声 など

いろんな言い方ができますが

 

いのちの声に従い『覚悟』を決めれば

それを叶えるために

自然にそのように動くようになっているらしいです

 

だから自分の感覚を信じ

『覚悟』もってやって行けば

きっと何かが変わるはずですし

それがどうなっても納得できるわけなんですね

それって自分に対する責任なのかも・・・

 

信じるって大事ですね

僕を信じて下さいとは言いませんが

僕はアナタを

アナタの治る力を信じますよ

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
今年のテーマ

この前、正月を迎えたばかりなのに早いもので1月ももう後半

 

年末年始のバタバタも落ち着き

いつものリズムに戻ってきた感じですね

 

そんな中、今更ながら

今年はどんな年にしようかなと考えたのですが

 

今年は『身体感覚』を大事にする年にしたいと思います

 

 

テーマは

考えるのではなく

感じること

 

『良い・悪い』や『正しい・間違いではなく

シンプルに『快・不快』を感じ

 

しっくりくるとか

腑に落ちるとか

言葉で説明できないけどなんかイイとか

そういうことを大事にしていきたいと思います

 

身体感覚を大事にし

とにかく『感じること』を続けてみる

 

劇的な変化を求めたり

一過性のものではなく

じっくり感じながら深めていく

 

今はその前段階として

カラダの声をちゃんと聞けるように

丹田を意識しながら

生活や施術に取り入れたりして

どうゆう変化が出るか楽しみながら試しています

 

あくまでも自分の中の感覚の変化なので

表向きにはわからないかもしれませんが

きっと何か変わってくるはずです

 

たぶんそれは元々持っている感覚で

誰もが持っているけど使っていないだけで

気付くとか思い出すとか

そういう感覚に近いのかもしれませんけど・・・

 

 

 

皆さんは今年 どんな年にしますか?

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
そうゆう風にできている

健康管理とは

『自分にとって何が最適かを見つけ出す習慣』

『自分を見つめ直し自然の摂理に従うこと』

                      ※松浦弥太郎さんの本より                 

 

なるほど、やっぱりそうだよねって思います

 

みんなひとりひとり違うし

人間も自然の一部

 

コレは○○に効くとか

コレは○○に良いって

確かにイイものかもしれないけど

みんなに同じように効くなんて

そんなに都合のいいものはない

 

基本は規則正しい生活で

ちゃんと寝て

ちゃんと食べて

ちゃんと動いて

太陽の光を浴びて・・・

 

だけど、その人にとって

最適な睡眠時間も

適切な食事の量も

運動量も違うし

同じ人でも

年齢や体調によっても違う

 

規則正しい生活をしていると

そういうことが自分で気づける

痛いとか辛いとか検査の数値とかじゃなく

何か自分の状態を測る目安を持っておいて

自分で決めることが大事

いろいろ試したり

楽しみながらできるといい

 

答えはいつもシンプルで

自然か不自然かが判断基準

知って・考えて

腑に落とし惑わされず

誰かのせいや何かのせいにせず

自分にとって何が最適かを自分で責任を持って選ぶ

 

規則正しい生活となると

堅苦しい感じがするので

自然に沿った生活を心掛ける

それは、カラダにとってもイイコトだし

きっと、自然や地球や宇宙にもイイコト

 

自然を知ることは

不自然を知ること

 

自然の一部なのに

人間だけが不自然なことをして

病気になるのはある意味自業自得かもしれない

 

自然とかけ離れた生き方が病気の原因

人間のカラダは地球は宇宙は

そういう風にできている

 

 

 

カラダは動くようにできているし

動けばお腹が空くようになっている

 

消費量より摂取量が多ければ代謝しきれず蓄積されるし

寝る前にたくさん飲んだり食べたりすれば

夜に休まるはずの内臓が

疲労の回復に使うエネルギーを

消化に使ってしまうので

朝、疲れがとれてなくてダルイのは当然

 

スナック菓子では栄養は摂れないし

出来合いのものや加工品ばかり食べていると

作った人の想いや時間

生き物の命をいただくということを考えず

お腹は満たされてもココロは満たされない

 

美しいものを見ればココロが動くし

あの子のコトを思うとキュンとする

誰かのために頑張れるし

役に立つと嬉しい

 

止まない雨はないし

朝が来ない夜もない

 

そして、いつかは土に還り命を育む

 

上手くできていますよね

人間のカラダも自然も

 

人間も自然の一部なんだから

なるべく自然と共に暮らせばいい

 

未来の子供たちのためにも・・・

 

この本、オススメです

『やり方』ではなく

『あり方』や『考え方・捉え方』が学べますよ

 

答えはシンプルです

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
根本改善って?


根本改善ってどういうこと?

よく聞く言葉だけど

わかるようなわからないような・・・

 

例えばカラダをコップだとすると

大きさ(容量)は人それぞれで

中身がいろんな意味でのストレス(構造・精神・栄養・環境など)だとして

あふれたものが症状(痛みや辛さ)

 

あふれたもの(症状)に対して処置をするのは対症療法で

コップに異常がないか確認したり(画像検査)

あふれるのを抑えたり(薬)

あふれたものを取り除いたり(手術)

病院が得意とするもの

 

コップの大きさは変えられないけど

コップの特性(治癒力)を生かせるように

コップを安定したところに置いたり(骨格調整)

注ぎ方を変えたり(カラダの使い方)

あふれる前に程よい量がわかるようになったり(自覚できるカラダ)

あふれないように対応できるようにしたり(自律神経のバランス)

僕がやる整体が得意とするもので

あなたの元々持っている治る力を手助けすること

今どんな状態か気付いてもらうこと

これが根本改善につながると考えています

 

 

決してお医者さんや病院を否定するわけではなく

考え方やアプローチの違い

得意とするものや合わせた方がいいもの

相性の合う合わないもあると思います

 

急性や緊急のものは処置が必要ですし

一時的に抑えたりすることも大事ですが

 

もう何年も辛い慢性的な症状に関しては

カラダの状態を整え治癒力を充分に働かせることで

改善するお手伝いができると思います

 

あなたのコップは今どれくらいの量が入っていますか?

コップがあふれる前に来てくださいね

 

 

一度、適量に戻しましょう

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
きっと、わけがある

前回もお伝えしましたが

痛いとかダルイとか重いとか

カラダに出ている辛さには『わけ』があります

 

カラダが症状として教えてくれているのです

 

あなたは、ちゃんと考えたことありますか?

どんなカラダの使い方をしているのか

どんな考え方の癖があるのか

どんなものを食べているのか

どんな生活リズムなのか・・・

 

日々の色々なコトに追われ

意識しないとなかなか難しいかもしれませんが

 

一日の中で少しの時間でもいいから

自分を客観的に観る時間を作るといいですね

 

それは、朝でも夜でも通勤中でも

いつでもいいと思うのですが

出来れば毎日同じ時間に同じやり方で継続していくと

初めは何となくかもしれませんが

だんだん感覚としてわかってくると思います

 

やり方はいろいろあって

自分に合ったものを継続してできるのがいいのですが

ウォーキングやストレッチやラジオ体操など動的なもの

瞑想などの静的なもの

呼吸をゆっくりするとかでもいいと思います

 

大事なのは何を意識してやるのかということで

ただダラダラやってるだけならあまり意味はありません

 

僕は、毎朝ストレッチ的なものをかれこれ15年以上やっていますが

毎朝やることで、その日のカラダの調子やココロの状態を確認することができたり

怪我の予防やいい状態の維持ということも意識してやっています

 

夜は、寝る前に軽いストレッチと

丹田を意識して自分の内側を感じるイメージでゆっくり呼吸をしています

 

そうすると少しずつですが、もう一人の自分と会話できるようになるんですよ

内側の自分と会話できると気持ちが安定して迷いもなくなります

 

外側に意識が向き過ぎているときは気持ちも不安定でストレスを感じやすいそうですよ

 

この感覚は最近気付いたことなんですが

そこで改めて思ったのが

今まで起きたコト(過去)は

良いことも良くないことも全部必要なコトだったんだと・・・

 

そして今起きているコトも

何かわけがあってのモノなんだと・・・

 

だから、痛いとかダルイとかの辛さは

自分を見つめ直しましょうということなんじゃないですかね?

 

自分のしていることを棚に置き

誰かや何かのせいにしたりしていませんか?

 

ちゃんと自分のカラダとココロ大事にしていますか?

 

まず声を聞く時間を作ってみてくださいね

 

自分じゃ難しいかもという方は

施術を通してお手伝いできますよ

 

触れられて気付く感覚もありますし

自覚と状態が合っていないこともあるので

気になる方はお気軽にお越しください

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
治る力

からだって、ホントによくできていますよね

でも、まだ全体の10%しかわかっていないらしいのです。

 

そんなからだの、わからないながらもわかっていることが

からだには元々、治る力が備わっているという事です。

 

ちょっと不具合が出ても上手く連携して助け合ったり指示したりして

恒常性を保っています。

 

ですが、それも限度があり

せっかく頑張って治そうとしてくれているのに

それを邪魔することをしていたり

過剰だったり不足だったり

良かれと思ってやってることが良くなかったり・・・

 

皆さんは治る力が発揮しやすいようなことしていますか?

 

基本は規則正しい生活、これに勝るものはありません。

ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、ちゃんと休んでる人にはかないませんよ。

無理すると後からツケが来ますからね。

 

頑張り時もありますが

ほどほどに

 

出ている症状や痛いツライところばかりに

目が向きがちですが

なぜそれが出てきたのかという事を考えることが大事です。

必要だから出ているわけですしね。

 

日々の生活を見つめ直し

治る力が発揮しやすいようにしましょうね。

 

当院では

出ている症状だけではなく

からだ全体として捉え

何故それが出ているのかを

患者さんと一緒に考え

気付いてもらう事が

改善への近道だと考えます

 

手技による調整もしますが

ご自身でも自分のからだを労わるという

思考のスイッチ入れてもらうことが大事です。

 

もっと自分のからだを信じて下さい。

 

治してもらうのではなく

治る力を発揮させるようにするのですよ

 

その為のお手伝いはお任せください。

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
どんなの使ってますか?

先日、醤油麹と塩麹を仕込みました

作り方は簡単で、醤油に麹を入れて3日間放置

塩麹はお湯に塩を溶かし冷めたら麹を入れ1週間ほど放置

1日1回混ぜるだけで発酵が進み、カドが取れたまろやかな旨味

おいしいし、何にでも使えて重宝しています

僕はこの時期、汗を多く掻くので意識して摂るようにしていますが

皆さんは、ちゃんと塩分摂ってますか?

 

カラダの不調は食事(質・量・時間・方法など)が関係しているコトも多く

ウチに来る患者さんには食の大切さをお伝えしているのですが

普段どんな食事をしているかなど、お話を伺うと

良質な塩の摂取が不足している方が多い印象です

 

世の中、減塩ブームで塩が悪者にされていますが

悪いのは塩ではなく精製されすぎた塩なのです

塩の精製方法や原料にもいろいろあり

本来はマグネシウムやカルシウムやカリウムなどのミネラルを含むのですが

イオン浸透(交換)膜という製法で作られた精製されすぎた塩は99%以上

塩化ナトリウムで、これが高血圧の原因とも言われています

精製しすぎてしまう理由もいろいろあり

大量に安定して生産できて安価、他の加工(工業)製品などにも使えるよう

にするためのようで、人の健康よりも経済を優先する図式は他のモノと同じ

やっぱりそうなんだという感じですね

 

精製されすぎた塩の味は、ただ塩辛いだけで旨味がありません

 

製法や原料により多少変わりますが

豊富にミネラルが含まれている良質の塩は

 

ナトリウム・・・塩辛味(しょっぱ味)
カルシウム・・・甘味
カリウム・・・酸味
マグネシウム・・・苦味

 

複雑で微妙な味わいがあり、塩自体がおいしいです

 

そして、そのミネラルがカラダの中で相互に作用し

体液の調節(細胞の内と外のバランス)

体液のPH調整(酸を中和し弱アルカリ性に保つ)

消化・吸収のサポート

筋肉の働きと神経伝達をサポート

体温の維持・有害物質の排出など

大切な働きをしてくれています

 

成人だと人体の60%は水(血液・リンパ液なども含め体液)なので

この調整がうまくいかないと、いろいろと不調が出るのは当然ですよね

 

この時期は汗で排出される量も多いので

熱中症はもちろんですが

カラダの不調を感じている方は

食事を見直して

特に良質なおいしい塩を

いつもより少し多めにとると良いと思います

 

自然な製法・原料で作られた塩を

いくつか揃えて比べてみたり

料理に合わせて使い分けてもイイですね

 

塩だけに限らず、不自然な製法・原料で作られたモノを

カラダに取り込むという事は

それを処理する内臓に余計な仕事をさせてしまい負担がかかるので

様々な不調の要因にもなるのです

 

アナタは、どんなの使っていますか?

毎日使うものはちゃんとしたものを使いたいですね

 

 

 

旨味のある対応を心掛けています

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>