simple real life
あたためる

このブログで度々お伝えしている『手当て』。

(関連記事 大丈夫) 

 

 

施術にも取り入れていて、

来ていただいている方には

体感してもらっているのですが、

簡単なので、ご自身でも家でやっていただくために

ポイントをお伝えしています。

(関連記事 リラックスを忘れていたら) 

 

本当にシンプルで、

ただ手を当てるだけなのですが、

 

仰向けに寝て、

ヘソの下(下丹田)

みぞおち(中丹田)

腰や背中

鼡径部や仙骨など、

当てて気持ちのいいところに

気が済むまで。

そのまま寝てしまってもOK。

 

当てる場所や時間は、

その日の体調や気分によって変わるかもしれないし

感覚なので正解はありません。

 

思考や感情を手放し

ただ、ぬくもりを感じる。

 

快か不快か

気持ちが良いか気持ちが良くないか

だけです。

 

 

日常生活を送っていると、

どうしても偏りがちな

上に上がり過ぎている意識。

 

そのまま眠ろうとすると、

カラダもココロも緊張状態になったままなので

睡眠の質が良くなかったり、

朝起きた時に疲れが取れていなかったりしてしまいます。

 

だから、一日の終わりに5分でもいいので、

考えるのではなく感じる時間を作ってくださいと

お伝えしています。

 

下に下す

素に戻る

リセットする

チューニングする

バランスを取り戻す

解き放つ

など、

 

大事なのはやり方ではなく、

どういう意識でやるかというコト。

 

 

そしてもう一つのオススメは、

 

『手を当てる』というのもすごく良いのですが、

寒いこの時期は更に『あたためる』というコトもしてもらいたいので、

 

あたため方は、

こんにゃくや里芋など

自然な材料を使った方法や

張るカイロやレンジでチンするホットパック

小豆が入っているモノや

ハーブが入っているモノ

いろいろありますが、

 

僕がオススメするのは、

保冷剤を湯煎する方法です。

 

きっと、どこのご家庭にも

使っていない保冷剤ってありますよね。

 

しかも、いろんなサイズのモノが何個も。

 

僕も以前は増えていくばかりなので捨てていたのですが、

あたためて使うという方法を思いつき

かなり重宝しています。

 

湯煎する方法としては、

沸騰したお湯に10分位入れておき、

取り出してタオルで包み、

当てたいところに当てるだけ。

(2・3時間はあたたかいです)

そうすると、じんわり程よくあたたくて

とてもリラックスできるはずです。

 

※決して煮込まないでください。

(煮込んでも美味しくはなりません)

 

僕も実践していますが、

夜にトイレに起きなくなったのと、

リラックスして眠りが深くなった感じがあります。

 

即効性はないかもしれませんが、

じわりと効いてくる感じがありますよ。

 

まずは、試しに1週間やってみて下さい。

 

きっと何か変化があるはずです。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
リラックスを忘れていたら

リラックスしているつもりが、

リラックスできていない。

 

違う言い方をすれば、

リラックスが浅い。

または、

本来の深いリラックスを忘れてしまっている。

 

力を抜く事が出来ず

不必要な力が入る状態が続き、

そうなると、

必要な時に力が入らない

呼吸が浅い

疲れが取れない

ヤル気が出ない

頑張れない

など

カラダやココロに不調が出たりします。

 

そうゆう方は、だいたい背中が硬くなっています。

 

そして、それが

頭痛や首肩こり

腰痛やお腹の不調やその他の様々な症状の要因になっていることも

少なくありません。

 

 

仕事や学校

社会との関わりや

日常生活を送っていると、

○○しなければならない

○○であるべき

良い・悪い

正しい・間違いなどの思考が

カラダを無意識にこわばらせ

関連記事 こわばり

分離意識が働き

バリアや境界を作ってしまいます。

 

それは、

○○しなかった時にこうなるとか、

正しいことをしなければダメだとか、

不安や恐怖や警戒が動機になっているコトが多く、

 

それは、自分を守るための防御反応でもあるのですが、

それが日常的になってしまい

自分でも気づいていないこともあります。

 

そしてそれは本来の自分の姿ではないので、

カラダやココロに不調を来してしまいます。

 

 

そんな時こそリラックスすることが大事になってきます。

 

でも、リラックスしようと頑張ってはいけません。

 

自分なりのリラックス法がある方は

それを更に深める意識でイイと思いますが、

 

何が自分に合っているかわからない方や

あまり時間をかけられないという方は、

今からお伝えするシンプルな方法を試してみて下さい。

 

本当にシンプルなのですが、

 

寝る前や少し横になった時に、

イメージだけでもいいので

温泉に入っている感じや

朝日を浴びている感じをイメージしてみて下さい。

そして、

ゆっくり深く呼吸をしながら手の平をヘソの下に当てて、

(右でも左でも両手でもどちらでもOK)

柔らかく、そっと、やさしく包むように、

手のぬくもりをただ感じて下さい。

 

思考や感情を手放し

ただ感じる。

焦らずに、ただ待つ。

 

初めは少し時間がかかるかもしれませんが、

 

そうすると、

まず力が入っていたことに気付くはずです。

 

そして、

そのまま続けて行って

上手く行くと、

ふわっとカラダが緩んできて

内側からジワ〜とあたたかくなり、

満ちていく感じになってくるはずです。

(感じ方はそれぞれなので、正解はありませんが)

 

「ああ、この感じ忘れていた」と

思い出す感じです。

(子供の頃の何にも囚われない自由な感じに近いかも?)

 

その感覚は、どこかから降ってくるわけでもなく、

何かを使ったわけでもなく、

 

そう、それは

元々あなたの内側にある

本音・いのち・本能なんです。

 

一番大切なはずのそこと

繋がることを忘れていただけなんです。

 

そこと繋がることが出来て、

その感覚を思い出せば、

自己信頼や安心感が出てきて

『自分は大丈夫』な感じになるはずです。

関連記事 大丈夫

 

そうすると心身共に深くリラックス出来て

本来の自分の持っている力が充分に発揮される状態になります。

 

 

1日の終わりに、

ほんの5分でもイイですから

続けてやってみて下さい。

 

ニュートラルなる

チューニングする

ゆるんで気が巡る

などのイメージで・・・

 

感覚なので正解はありません。

 

答えはあなたの中にあります。

 

 

感覚がわからないという方は

初めはサポートが有った方がイイかもしれませんね。

 

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
こわばり


ココロのこわばりが、カラダのこわばりに、

カラダのこわばりが、ココロのこわばりに、

なっているかもしれません。

 

ココロとカラダ、

どちらが先か、

どちらが後か、

どちらもか、

 

ココロとカラダは、

互いにバランスを取り

調整しています。

 

そのバランスが崩れてしまうと

ココロやカラダに不調が出て来ます。

 

そのバランスは、

人によっても違うし、

バランスのとり方も違う、

同じ人でも季節や年齢によって変わることもあります。

 

首肩がこる、背中が張る、腰が痛い・・・などの辛い症状は、

姿勢や動作が要因のこともありますが、

ココロの状態がカラダに出ているということもあります。

 

そうやって、不調としてカラダが教えてくれているんです。

 

 

分離意識

良い・悪い

正しい・間違い

○○すべき

○○しなければならない

などの意識が強すぎると、

 

それを脅かすモノや人や現象に対し、

不安や警戒を感じて防御反応をしてしまう。

 

それは無意識です。

 

防御反応=バリア=こわばり

 

それがココロやカラダのこわばり

になっているかもしれないということです。

 

 

表面だけのこわばりなのか、

表面的には問題なくても奥の方に根深くあるこわばりなのか、

いくつも層が重なっているこわばりなのか、

 

こわばりの原因が、

考え方の癖、過去のトラウマ、ストレス・・・など、

複雑な問題だったりもします。

 

それは、触れられたくないことでもあると思います。

 

そこにいきなり触れるようなことはしませんし、

無理やりこじ開けるようなこともしません。

 

僕は、ココロのカウンセラーではないので

専門的なことはできませんが、

カラダからアプローチすることで、

ココロが楽になったりするように

お手伝いは出来ます。

 

 

その、こわばりを解く方法の一つとして、

とても有効なのが手当てです。

 

手を当てて、ただ待つ。

 

思考を手放し、

ただぬくもりを感じる。

 

そうすることで感じられる深いリラックス。

 

深いリラックスの中で気付く自分の本音。

 

大事なのは本人がそれに気付くこと。

 

それは簡単なことではないかもしれません。

でも、その本音に気付くだけでもいいんです。

 

本音に気付くだけでカラダのこわばりが解けたり、

カラダのこわばりが解けて本音に気付けたり、

カラダが楽になれば、ココロも楽になることがあるし、

ココロが楽になれば、カラダが楽になることもあるのです。

 

カラダとココロを調整し、

ゆっくり段階を踏んで

ブレない

動じない

ココロとカラダを作り(戻り)

本来の自分になる。

 

僕の整体が、そのサポートになれば嬉しいです。

 

 

 

自分でコントロールできないモノはどっちでもいい、

諦めや開き直りではなく、そういうモノだと知る。

 

良い・悪い、好き・嫌い、ではなく、

 

自分にとってそれは、

快か不快か

心地よいか心地よくないか。

 

自分にとって、大切なことを大切にする。

 

こわばりが強かったり深いモノだったり、

長期的・慢性的になっている状態だと、

時間がかかるかもしれませんが、

何かお役に立てると思います。

 

 

 

無意識に力が入っている。

 

または、

力が入っている意識があるけど、うまく力が抜けない。

 

そんな時は、

 

呼吸が浅くなっていたり

肩がすくんでいたり

くいしばっていたりしているはずです。

そして、

バリアを張って、こわばっているかも知れませんよ。

 

リラックス出来ているつもりが出来ていなかったり、

いろいろマッサージや整体に行ったけど良くならない方は

原因が違うところにあるかも知れません。

 

 

別にこわばっていないという方も、リラックスできているという方も、

きっと手当てで更に深いリラックスを実感できますよ。

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
「大丈夫」

12月9日、第4回札幌こころとからだ塾

じっくり柔らかく丁寧に、深いところに入っていく「手当て」。

『層のアプローチ』学んできました。

 

講師の照喜名さんが、

このコトだけを伝えに沖縄から札幌までやってきたと、

冒頭に話してくれたコト。

 

それは、

条件付きの幸せを追い求めてしまうことが多い世の中、
本当に大切なのは、「無条件の安心感」だというコト。


「無条件の安心感」を平たく表現した言葉が「大丈夫」で、
その「大丈夫」の境地に到達するには、分離意識を手放す必要があるコト。

 

そして、分離意識を手放すには心身のリラックスが必要で、

そのリラックスを深めるための有効な手段のひとつとして、
「手当て」を教えていただき、

 

「大丈夫」はアタマで考えるものではなくカラダで実感するもの。

 

今回のセミナーでは、

この「大丈夫」の感覚を体感するためのボディーワークをじっくりとやりました。

 

 

 

最近の僕は、東洋のモノの観方を取り入れるようになり、

自分では、今までより柔軟にモノを観られるようになってきていると思っていたのですが、

どうやらまだまだ分離意識が強いようで、

手当てでリラックスを深めていくペアワーク中も、

思考が優位になり、なかなか分離意識を手放すことが出来ず、

無意識の不安や警戒心が出てしまって、うまく委ねられず、

相手がどうこうというのではなくて、

自分って委ねるのが苦手なんだな、力抜くのが下手なんだな、

と言うことに気付きました。

 

いつもは施す側ですが、

受ける側になって気付くこともたくさんありますね。

 

自分の軸(丹田)を意識したり、

相手の軸(丹田)と繋がる意識をしたり、

いろいろなワークで違いを体感していき、

 

後半は、ある程度までは委ねたり、

力を抜くことが出来たのですが、

もっと深く入るには日々の積み重ねが必要なようです。

 

 

 

良・悪、正・誤、好・嫌・・・など、

分離意識が強いと、無意識の不安や警戒心がカラダやココロに表れ、

それが、バリアとして筋肉や皮膚の緊張やこわばりになったり、

内臓の働きが低下したり、呼吸が浅くなったり、自律神経のバランスが崩れたり・・・

様々な不調の原因になっているかもしれません。

 

奥の深いところに原因があれば、

表面に出ている症状だけに対処しても、

原因が消えたわけではないので、また出てきます。

 

その原因は層になっていて、

深い層に入っていくには、

力ずくでこじ開けるのではなく、

ゆっくりと、そっと、やさしく、丁寧に、

手を当てて入っていく。

 

ただ、手を当てるだけ。

 

何もしない、

思考を手放し、

何も仕掛けないで、

ただ、待つ。

 

相手に主体を置き、

相手に寄り添う。

 

思考を手放しリラックスすると、

何もしないということで感じられる、より深いリラックス。

 

心地よく、何かに包まれていく(くる)感じ・・・

どっぷり、吸いこまれていく(くる)感じ・・・

深く、染み込んでいく(くる)感じ・・・

ふわ〜っと、軽くなっていく(くる)感じ・・・

 

受ける側になっても、

施す側になっても、

今までにない穏やかな感覚。

 

シンプルな手当てでしか入れない領域。

 

あぁ これが本当のリラックスか〜

(まだ奥の層には達してませんが)

 

感覚なので正解は無いのですが、

僕はこんな感じでした。

 

そして、

そこで得られる安心感、

無条件の自己信頼・大丈夫を、

少し感じることが出来ました。

 

この感覚を得られる(思い出す)と、

生きるのが楽になる、らしいです。

 

だって、大丈夫だから。

 

僕は、まだその領域まで達してませんが、

自分でも毎日手当てをして深めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

一般的に、整体は

カラダの悪いところを見つけ、

それを調整するというアプローチですが、

 

痛みや辛さなどの症状、

姿勢の崩れや歪み、

それは、良い悪いではなく、

ただそういう状態なだけ、

表面に出ているだけ、

という見方をすると、

それは、結果であって原因ではない。

 

原因は様々で、

幾つもの要因が層になって重なっていることもあるし、

根っこに深いモノがあってそれが表面に出ているだけということも。

 

カラダとココロは繋がっていて

バランスを取り合っています。

それは、良くも悪くも、

どちらの影響も受けるということでもあります。

 

何が原因かを探る、

深層にある何かを。

 

無理やりこじ開けるのではなく、

やさしく手を当てるだけ。

 

手を当てる場所は、

その時の状態にもよりますが、

やさしく触れながら相手(自分)の軸・丹田をイメージする。

 

すると、ゆっくりと無意識の警戒や不安が解け、

バリアが無くなり、境界が無くなり、

一体化し、ゆるんで気が巡る。

 

層の深さにもよりますが、

手を当てている部分が

だんだんあたたかくなり、

馴染んでくる感じになります。

 

感覚なので答えはありません。
感じ方はそれぞれ違います。

 

良いも悪いもなく

ただ、感じる。

 

そこに大丈夫を感じられたら、

それでいい。

 

日常で忘れてしまっても、

その大丈夫の感覚をまた思い出す。

 

この大丈夫な感じがあれば、

アレコレ起こることは表面的なモノなので、

大したことじゃなくなります。

 

条件付きの幸せ、

分離意識、

良いとか悪いとか、

ポジティブとかネガティブを超えた、

囚われから解放された、

深いところの安心感。

 

根拠のない自信、『自分は大丈夫』な感じ。

 

奥に大丈夫な感じがあれば、

大丈夫なんです。

 

 

本当にシンプルな手当てなので、

セルフでも出来ますが、

最初は人の手を借りた方が感じやすいと思います。

 

 

深いリラックスの先にある、

自分の根っこ(本能・本音・いのち)に繋がる感覚、安心感。

 

それは、あなたがあなたらしく生きるコトとも繋がります。

 

 

生きづらいなと感じているあなた。

 

自分の根っこに繋がると、

きっと、生きやすくなると思いますよ。

 

 

 

って、なかなか言葉では伝わりづらいですよね(笑)

 

「手当て」は僕が必要だと感じた時や、

ご要望があれば施術にも取り入れていますので、

気になる方は体感しに来てください。

 

 

 

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
バランス

IMG_20181121_101058~2_20181121102352.jpg

東洋の観方で、

全ての存在物である「太極」を『1』として、

 

『2』で観たのが陰陽論・・・「陰」「陽」

『3』で観たのが三才論・・・「天」「地」「人」

『5』で観たのが五行論・・・「木」「火」「土」「金」「水」

 

他にも八卦、十干、十二支などあるのですが、

基本となるのが2、3、5で、

 

陰陽と五行は組み合わせて陰陽五行論とも。

 

 

「三才(さんさい)」は、

 

天の陽気と地の陰気が調和することにより、

人の気が生成されると考える思想のことで、

 

東洋の懐の深い考え方なので

捉え方はいろいろ出来るようなのですが、

 

大阪の鍼灸師谷田先生の観方がおもしろくて、

気(エネルギー)を得る手段として三才論で観ると、

 

「天」・・・自然界の環境から気を得る → 澄んだ空気、温かい日光、心地よいそよ風など。

「地」・・・物質化した食べ物から気を得る → 食事のこと。

「人」・・・人とのコミュニケーションによって気を得る → 気心知れた親友と語り合うなど。

 

この3つ全部で100%になっていて、

人によってその割合は違うのですが、

どれかが過剰になったり不足すると、

どれかで補ったりしてバランスを取るそうで、

 

その中でも一番手っ取り早くエネルギーを得られる方法が「地」で、

食べる事でバランスを取ろうとするので、

食べ過ぎたりするのだそうです。

 

このコトを知ってから

僕自身のコトで考えてみると、

食べ過ぎる時は、

自然に触れていないなと

感じることが多く、

 

そんな時は、

山に登ったり、公園を散歩したり、

自然に触れたりすると、

食欲が抑えられる感じがします。

無駄に欲さなくなると言った方がイイかもしれません。

 

「天」が満たされたので、

他で補わなくてもイイということなんでしょうね。

 

気の合う仲間に合うコトで

「人」を満たしバランスを保つというコトもありますよね。

 

食べ過ぎたり、

仲間に会いたくなったり、

自然に触れたくなったり、

 

それは、何かバランスが崩れているサインなのかもしれませんね。

 

僕の場合は、

自然に触れると満たされる感じがするので、

うまくバランスを取るようにしています。

 

 

あなたは何で満たされますか?

どうやってバランスを取っていますか?

 

自分は今どういう状態なのか、

何で満たされるのか、

何でバランスを取っているのか、

過剰なモノ、不足しているモノ、

基準は何かなど、

自分の傾向を知っておくと

生活しやすいと思いますよ。

 

 

4千年もの長い時間をかけ、

人間を観察して出来た、東洋の学問・思想。

 

難しく考えがちですが、
おばあちゃんの知恵袋的な感じで、

生活に取り入れていくといいと思います。

 

僕は、以前はどちらかというと

こうじゃなきゃダメとか、

良いとか、悪いとか、

絶対的なモノの観方をしていたのですが、

東洋の相対的な観方を知ってから、

いろんなコトが柔軟に観られるようになりました。

 

答えは一つじゃない、

捉え方はいくつもあるんだな、

それでもイイんだなと。

 

そうしたら、すごく楽になって、

ちょっとだけ、やさしくなった気がします。

 

 

どんな事も、変化する。

それが自然だから。

 

絶対的な答えは無いのかもしれません。

 

そんな観方なんかも、

整体施術や

みなさんとの関わりの中で、

お伝えしていけたらと思います。

 

 

どちらかではなく、

どちらも。

 

どちらでもあり、

どちらでもない。

 

う〜ん深い、深すぎる・・・

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
力が入る癖

秋も深まり朝晩の寒さが厳しくなってきましたが、

気付くと肩に力が入っていたりしませんか?

 

無意識だとは思いますが、

力が入る癖がある方が多いです。

 

僕も

寒い時や、

字を書く時、

何かを持ったり拭いたりする時、

運転でハンドルを握っている時、
電話で話している時、など

ふと気付くと力入っていたなと思う事があります。

 

それが必要な力だと良いのですが、

無駄に力を入れてしまっている事がほとんどで

それだと、やっぱり疲れますよね。

 

ウチの店に来る方の中にも

普段、力が入っているんだろうなと感じる方も多く

 

自覚は無いけど

カラダにはそのサインが出ていて、

眉間に皺が寄っていたり(目を凝らして見る癖)

アゴの周りの筋肉が硬くなっていたり(くいしばる癖)

首肩の筋肉にこわばりがあったり(肩をすくめる癖)

 

他にも過去の怪我の影響や

怖い思いや痛い思いををしたなどの心理的なもの

気候の変化などの外的要因もあれば、

ストレスなどの精神的なもの

カラダの使い方や姿勢のアンバランスによるものなど

力が入ってしまう要因は様々です。

 

そして、

力が入ってしまう、

力が抜けないという時は

もれなく呼吸も浅くなっています。

 

呼吸が浅くなり酸素を充分に取り込めないので

細胞に栄養が行きわたらず、

それが、

頭痛・肩こり・疲れやすい・疲れが取れない・ダルイ・吐き気がする・思考が回らない

他にも免疫が下がったり、代謝も悪くなったり・・・

痛みや辛さのなどの不調の原因の一つかもしれません。

 

力が入ってしまう、

力が抜けないという時の対策としては、

何気なく力が入っていることが多いので

先ずは、日常の中でどんな時に力が入っているのかを

意識してみるコト。

 

そして、力が入っている時がわかったら、

力が入っている時に抜こうと思ってもなかなか難しいので

そんな時は、逆に意識的に力を入れてスッと抜く

 

最大限ぎゅ〜っと縮めて

その反動でぱぁ〜っと解き放つようなイメージで。

 

カラダをぎゅ〜っと思い切り丸めて

ぱぁ〜っと広げる

 

肩を思い切りすくめて

ストンと落とす

 

グッとくいしばって

パッと口を大きく開ける

 

 

もう一つは、

ゆっくり大きく深く呼吸をすること。

 

特に吐く方をゆっくりと、

力が入っていると深く呼吸することが出来ないので

意識的に深く呼吸することが力を抜く事にも繋がります。

 

そして、

吐く時にカラダの中心の

軸(丹田)を意識する。

 

力が入っている時は、

意識が胸より上(頭)に行っているので

その意識を胸より下(腹)に下す。

 

なるべく日常でもヘソの下(丹田)に

軸があるイメージをして、

そのままそこを中心に

姿勢を保ったり

動いたりしてみる。

 

逆に、

意識が上にあるから

力が入ってしまうとも言えます。

 

練習は必要ですが、

これが身につくと

所作が綺麗でしなやかになり

見た目も美しいし疲れないです。

 

日本の武道や茶道・書道など

『道』の付くものは

これを大事にしていますよね。

 

 

 

あなたは力が入る癖ありませんか?

 

自分ではよくわからないけど

力が入っている気がするとか、

自覚はあるんだけど抜き方がわからない、

という方は

一度チエックしに来てみるといいですよ。

 

僕の整体では、

姿勢のバランス

筋力

内臓

自律神経

気の流れ

ココロの状態などを

総合的にチエックして、

 

手技での整体調整と

今のあなたの状態に合わせたセルフケアの方法、

日常の中であなたの治る力が発揮できるように

段階を踏んで食事・栄養のアドバイスや

自宅でできるエクササイズなどをお伝えしています。

 

あなたに合ったメンテナンス法を

一緒に見つけましょう。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
忘れていた感覚

秋も深まってきましたね。

 

気付くと円山も紅葉して来ていて、

しばらく登っていなかったので、

さっき、予約の合間にサクッと登って来ました。

登り口は銀杏の落ち葉でいっぱいで

思ったより紅葉が進んでいてちょっとビックリ。

秋の夕暮れの優しい光を浴びながら

何も考えずに、ただ歩く。

 

雨あがりの濃い森の香り

時折聞こえる鳥の声と木の葉が落ちる音

暑くもなく寒くもない

やわらかく心地よい風を受け

大きく息を吸い

そして大きく吐く

何度か繰り返して

森のエネルギーを充電しながら

一歩一歩自分のペースで登って行く

忘れていた感覚を思い出しながら

考えずに、ただ感じる

僕にとって円山はバランスを取り戻す場所になっていて、

最近、少し崩れていた感覚を確認することが出来て、

とてもいい時間になりました。

みなさんに、あんなに『感覚を大事にして下さいね』とお伝えしているのに、

自分が思考優位で頭パンパンになっているコトに気付きました・・・

 

あ〜だから、最近食べ過ぎていたのか〜(笑)

 

 

 

明日から更に気温が下がるようなので、

紅葉は、今週末から来週末位までが見頃かもしれませんね。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
『なんとなく』を大事にする

 

『なんとなく』・・・はっきりとした因果関係がないままで、

                             事が起こってくるさま。

          形容するための適切な言葉が見つからないさま。 など

 

同類語だと

気の向くまま、勢いで、無意識の内に、自然に、思いがけず、図らず、   など

 

状況により、

いい意味でも、

悪い意味でも、

使われる言葉ですが、

 

『なんとなく』って、

あまり良い意味で使われていないような気がしていて、

 

それはきっと、

良いように働けば『直観が鋭い』とか『センスがイイ』というように捉えられて、

そうじゃなければ、『適当』とか『いい加減』とかになり、

 

僕は最近まで、

この『なんとなく』を、

あまり良いモノだとは思っていなかったのですが、

 

東洋医学を勉強したり、

丹田の意識をするようになってから、

関連記事はこちら

 

目に見えるモノだけにとらわれずに、

イメージすることで起きるカラダの反応を体感したり、

ココロとカラダの繋がりをより深く感じたりして、

今までよりも、

自分の『感覚』を大事にするようになりました。

 

そうすると、

自分の中にある『なんとなく』が、

僕をサポートしてくれているコトに気付き、

今までのあんなコトやこんなコトは、

『なんとなく』のおかげなのかも知れない、

これは、もしかしたらすごく良いモノかも知れない、

いや、良いモノのはずだと・・・

 

この『なんとなく』は、

言い換えれば、カラダの声(本能・本音・生命・快・・・)

なのかもしれませんが、

僕のイメージでは、

そのカラダの声を聞く、前段階のサインというかヒントというか

そんな感じがしていて、

 

それは目に見えないものだし、

人それぞれ感じ方も違うものだとは思いますが、

まずは、自分の『なんとなく』を信じて、

感じてみようと思い、

 

『なんとなく』は無意識だから、

意識する時点で『なんとなく』じゃなくなるかもしれないけど、

その境目を意識してみようと思って、

最近、生活の色々な場面で試しています。

 

 

『なんとなく』の時と、

『なんとなく』じゃない時、

 

それは、

『思考』か

『感情』か

『感覚』かの違いでもあり、

 

頭で考えているのか、

ココロやカラダで感じているのか、

 

頭で考えるのが悪いわけではなく、

『なんとなく』感じたモノを説明するためや、

実現(表現)するための方法を考えるのに頭を使うのは良いけど、

見た目とか先入観にとらわれ、

頭だけで考えてばかりいると、

『なんとなく』を感じられなくなってしまう。

 

でも、『なんとなく』の感覚だけだと、

人に説明できないし、表現も出来ない。

 

ここに、ココロ(感情)が入り、

自分勝手にならずに、

気使いや優しさでバランスを保ち、

調和できると良いですが、

それが難しい・・・

 

だから、その境目がどこで、

どんな時に変わるのかを自覚できるようになれば、

『なんとなく』をキャッチしやすくなり、

精度が高まって、信頼できるようになり、

思考や感情に左右されることなく、

ナイスなチョイスが出来るようになるはずです。

 

そうなると、『なんとなく』は、

どんな時でも自分の側にいて、

自分をサポートしてくれる、

最高の味方になるんじゃないかと思います。

 

 

この『なんとなく』を、

カラダで感じてみる方法はいくつかあるのですが、

 

シンプルな方法としては、

感じようと頑張るのでもなく、

頭で考えるのでもなく、

感情にも左右されず、

イメージしながら、

ただ感じるだけ

 

イメージなのでそれぞれ違ってもイイと思うのですが、

僕の場合は、

ゆっくり深く呼吸をしながら、

リラックスして、

もう一人の自分が、

ヘソの下の奥の方(丹田)にいるようなイメージで、

聞いて(感じて)みるんです。

 

なるべくストレスなく、

クリアな状態の方がイイのですが、

慣れてくるとある程度のストレス下でも感じられるようになります。

 

大事なのは焦らないで、

ただ、感じるコト。

 

それは、きっと

元々、誰もが持っている感覚で、

『気付くとか』

『思い出す』

という感覚に近いかもしれません。

 

そして、

それは、自分だけの感覚で、

皆さんにとっての『なんとなく』は、

僕の『なんとなく』とは違います。

 

それは、

正しいとか間違えとか(思考)、

好きとか嫌いとか(感情)、

じゃなく、

カラダで感じる『快か不快か』なんです。

 

 

いろんな選択をする時に、

カラダで感じてみる、

そう、ただ感じてみる。

 

頭デッカチになっていたり、

感情に振り回されていては、

良いチョイスはできませんからね。

 

 

ちゃんとカラダを労わって、

カラダと仲良くして、

カラダに嘘をつかないで、

カラダが喜ぶコトをしてあげると、

そこに、カラダとの信頼が生まれて自信がつく、

そうすると、言うことも聞いてくれるし、

いろいろ教えてくれると思います。

過信はダメですけどね(笑)

 

 

 

アナタが、

アナタ自身が、

『なんとなく』感じる方を選んでみる。

 

その繰り返し、

それは自由でもあり、

責任でもあります。

 

決めるのは自分、

答えは内側にあるんです。

 

外側の色々な情報は選択肢であって、

答えではありません。

 

何かを選ぶ時、

『なんとなく』を大事にしてみるとイイかもしれませんよ。

 

 

 

『感じる』には、なるべくクリアでリラックスしていた方がイイですが、

ココロやカラダのバランスが崩れていると感じにくいです。

言い換えれば、感じられないからクリアになれないし、

リラックスできなくて、ストレスが続き不調になるとも言えます。

 

そんな時は僕の整体で、

感じられるカラダ・信じられるカラダに調整する(戻る)お手伝いも出来ますよ。

 

 

大切なモノは、

目に見えないモノらしいです。

 

最終的には、

無意識で、

自然体で感じられるとイイですね。

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
不安・恐怖の感情

9月6日の地震から2週間ほど経ち、

僕の住む札幌市中央区は、

日常が戻りつつありますが、

皆さんのお住まいの地域はどうでしょうか?

 

札幌では何回か、

寝ていても目が覚めるほど大きく揺れることがあり、

少しずつ日常が戻り、

大分落ち着きかけていた時だったので、

また、停電になったらどうしようとか、

津波は無いかなとか、

とても不安になりました。

 

胆振地方では毎日のように余震があるようなので、

ずっと不安な毎日が続いているのでしょうね。

 

一日も早く、穏やかな日常に戻ることを祈るばかりです。

 

 

 

この不安や恐怖の感情は、

東洋医学の五行でいう、

水(すい)のエネルギーで、

腎・膀胱経なのですが、

この感情を感じ続けていると、

疲弊して弱ってしまい、

 

それはカラダにも表れて、

眠れなくなったり、

元気が無くなったり、

我慢できなくなったり、

頑張れなくなったり、

足腰が弱ったり、

踏ん張れなくなったり、

 

カラダに力が入り、

ギュッとちぢこまった感じになったり、

 

特に関連する経絡のラインに不調が出ることが多く、

腎臓・膀胱・生殖器系の不調としても出てきますし、

耳や歯に出ることもあります。

 

子供だと、

落ち着きがないとか、

オネショをしちゃうとか、

もあります。

 

 

我慢しすぎたり、

頑張り過ぎても、

弱ってしまうので、

 

地震後、

不安や恐怖がある中で、

何とか気力を振り絞り、

日常を取り戻そうと、

頑張り過ぎてしまうと、

後からドッと疲れが出て、

動けなくなって寝込んでしまったり・・・

 

何とか踏ん張ってる時は、

カラダのサインに気付けずにいたけど、

落ち着いたときに、

こんなに疲れていたんだと、

自覚するというコトもあります。

 

それぞれの置かれている状況や役割などもあり、

まだまだ大変ではあるとは思いますが、

ちゃんと水のエネルギーを補うコトもしていくといいと思います。

 

水のエネルギーを元気にする方法は、

いくつかあり、

過剰は抑え、

不足は補う、

その見極めも大事なのですが、

今回はシンプルに元気にする方法をご紹介します。

 

僕も施術に取り入れていて、

簡単に誰でもできるのは、

腎臓(左右の下背部・肘の高さのライン)や

膀胱・子宮(下腹部・ヘソの下)を温めるコト

ただ手のひらを当てるだけ、

包むように、

じっくり、

ゆっくり、

焦らずに、

こんなんでいいの?と思うかもしれませんが、

本当にただ手のひらを当てるだけ、

 

どの体勢でも、

どの時間でも出来ますが、

夜寝る前に、

仰向けに寝てやるとイイと思います。

 

そうすると、

じわ〜っと温かくなってきて、

気持ち良くなって、

落ち着いてきて、

ココロもカラダも少しずつ緩んできて、

深くリラックスできて、

そのまま眠ってしまうかも。

 

地道に何日か続けてみると、

眠りが深くなったり、

翌朝のスッキリ感があり、

気力が湧いてくる感じがあるかもしれません。

 

それ以外には、

海藻類を食べるとか、

質のイイ塩分を摂る、

両方とれる具だくさんの味噌汁もイイですね。

 

あとは、

寝る前や起床時に、

白湯を飲むのもイイですよ。

(白湯に少しだけ質のイイ塩を入れても)

塩のコトはこちら

 

消耗した分を補うというイメージで、

地味ですが、

続けてやってみると、

少しづつ変化が出てきますよ。

 

 

今回の地震に限らず、

不安や恐怖の感情が、

不調の原因になっているかもしれません。

 

ムリにその感情を抑えようとはせず、

カラダやココロの反応を診ながら、

整体で調整していくという方法もあるので、

 

今はまだ大変という方も、

少し落ち着いたら来て下さい。

 

何かお役に立てると思います。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
軸になる感覚

僕の施術の軸になる考え方として、

人間のカラダは、自ら『治る力』『調整する力』

を持っていて

この『治る力』『調整する力』が発揮されやすいのが、

自然の理に適った、自然に沿った生活なのだと考えています。

 

自然に沿った暮らしをしていれば不調にはならない、

逆を言うと、

不調が出るというコトは、

何か不自然なコトをしていませんか?

というコトでもあって、

 

これは施術に限らず、

当然、僕自身の生活の仕方にも当てはまるコトで、

 

もちろん、

こういう仕事をしているので、

普段から体調管理には気を付けているのですが、

それでも何か不調が出た時は、

生活の中で、

不自然なコトをしていなかったかを振り返るようにしています。

 

そうすると、

大体あるんです。

不自然なコトが・・・

 

それは、

人によって、

症状の表れ方や感じ方は違うし、

原因も違ったりします。

 

例えば

寝不足だったり、

食べ過ぎだったり、

運動不足だったり、

精神的なストレスだったり、

 

僕の場合、

カラダに出てくる症状としては、

ダルイとか、

疲れが取れないとか、

後頭部がツマル感じとか、

が多いのですが、

 

特に

食べ物が良くなかったり、

食べ過ぎたりすると、

鼻の横にポツッと小さい吹き出物が出来て、

『それ良くないよ』『やり過ぎだよ』と

カラダがわかりやすく教えてくれます。

 

あとは、

毎朝ストレッチしてる時に、

腕が上げづらいなとか、

腰がハルなとか、

この筋肉の反応が良くないなとか、

不調が出る前のサインを

感じられるようにしていて、

 

夜も寝る前に、

深呼吸をして、

リラックスできているかなとか、

気の流れはどうかなとか、

を確認したりしています。

 

そのサインを、

気付けなかったり、

放って置いたりすると、

やっぱり不調として出てきますね。

 

それは、

年齢とか、

環境とか、

季節によっても変わるかもしれませんし、

 

必ずコレをしたらこうなるとかはないのですが、

こういう傾向はあるというのはわかっていて、
やっぱりそれは、

不自然なことなんです。

 

 

だからと言って、

札幌という都会に住み、

生活のすべてを自然に、

というのは難しいのかもしれませんが、

 

僕の場合は、

なるべく暮らしのリズムをさない様にしたり、

なるべく季節の野菜を食べるようにしたり、

なるべく森や山など自然の中に身を置いたり、

少しでも自然を意識し変化を感じるようにしています。

 

ちょっとしたコトでも出来るし、

自分に合った自然に沿った生活の仕方を、

『楽しみながら』試すコトが大事ですね。

 

アレがダメ、コレがダメだとつまらないですしね。

 

自分の傾向、

自分はこういうコトで満たされる、

みたいなコトがわかっているといいと思います。

 

そして

足りない分を、

自然な方法で補ったり、

きちんとケアをして大事にするコトで、

カラダはちゃんと反応してくれるし、

言うコトも聞いてくれると感じています。

 

頭じゃなく

カラダが欲しているモノ

生き物としての本能が感じるモノ

 

それは、

広い意味で自然と調和したモノ、

 

人間の都合だけで作られた、

自然と調和していないモノは、

何一つ良いモノは無いと思います。

何一つ・・・

 

今、もしアナタが何か不調を感じているのであれば、

何か気付かずに不自然なコトをしているとか、

良くないとわかっていてしているコトで、

カラダが不調としてサインを出して教えてくれているのかもしれません。

 

検査の数値も参考にはなりますが、

自分の感覚も大事にして下さい。

 

自分を信じて、

本当は何を欲しているのかを、

自分には何が合っているのかを、

自分の感覚で感じてみて下さい。

 

その『感じる力』は誰もが持っている力で

『治る力』や『調整する力』と繋がっていて、

 

僕の施術は、

そのアナタが本来持っている『力』を

発揮しやすいようにお手伝いをする

整体です。

 

なんかよくわからないけど感じてみたい、

忘れてしまっているかもしれない自分の感覚に、

気付いてみたい・思い出したい

 

そんなアナタ

ご連絡お待ちしております。

 

 

どんな施術なのかは、

こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
| 1/5 | >>