simple real life
関わり方(あり方)

以前にもスタンスという記事で書いたのですが

 

 

改めて患者さんとの関わり方について書きたいと思います

 

患者さんに対しての思いや

この整体という仕事に対しての思いを考えた時

何かずっとモヤモヤしているものがあり

なんだろうなんだろうと考えていると

やっぱり自分のあり方や生き方が

どうしても出てくるわけで・・・

 

そこでちょっと振り返ってみると

 

20代の頃はバックパッカーやったり

なんか楽しいことないかな〜なんて

フラフラしていて

30歳の時に自身の腰痛がきっかけでこの仕事に興味を持ち

カイロプラクティックの自然治癒力を高めるという考えに何かを感じ

一大決心をして専門学校に入り

治療院で経験を積み

何とか自分の治療院を持ち

多くの方に支えられ

今もこの仕事を続けられているわけですが

 

ずっと自分のスタンスで

いつもみなさんにお伝えしていることとして

 

僕が治しているのではなく

施術を通して

元々ご自身のカラダが持っている治る力(自然治癒力)を

僕が少しだけサポートしているだけなんですよ

カラダの声を聞けるように

もっと自分を信じ大事にして下さいねと

お伝えしていながらも

 

僕自身が患者さんの自然治癒力を

もっといえば自分自身を

信じていなかったのかもしれません

 

もちろん、来ていただいている方には

その時出来る自分の精一杯を

気持ちを込めて施術させていだだいていましたが

 

自分の中でなにかしっくりきていないものがあり

それが何なのかわからず

それを誰かのせいや何かのせいにしていたりして

どこか満たされない日々を過ごしていて

 

そうなるとそれはやっぱり出ますよね

仕事にも生活にも

生き方として出てきますよね

 

ようやく、今更ですが

それは自分自身の問題で

この仕事をやっていくという『覚悟』が足りなかった

ということに気付きました

それはどこか逃げ道を作っていたということで

 

この仕事を通して何かの役に立ち

来ていただいた方に元気になってもらい

そして、より良い人生を歩むキッカケになるような

『そっと、明日に背中を押す整体院』でありたい

と思って関わらせていただいているのですが

どうやらその『覚悟』が足りなかったようです

 

思い通りにいかないことや

嫌なことがあるといつも逃げて

 

『あり方』を見つめ直さず

『やり方』に救いを求めて・・・

 

そんな簡単なものじゃないんですよね やっぱり

 

振り返れば

いままでもずっとそうで

いつも逃げてばかりで煮え切らず

なんか違うなんか違う

こんなはずじゃないと

モヤモヤしながら生きてきたような気がして・・・

 

おっ重い・・・

自分で書いておきながら

沈んできましたよ(笑)

 

まぁ

もっと楽にもっと楽しく生きていけたらいいのにと

思うのですが

どうやら僕はこういう性分であるようで

 

楽と楽しくをはき違えて

重い・・・

 

 

そこで気付いたのが

考えてばかりいて感じていないな〜

そしてハラから動いていないな〜と

 

何かに突き動かされるような

カラダが勝手に動くとか

なんか冴えてるとか

そういうことをしばらく感じていないな〜

と思い

 

どうやら感覚よりも思考が優先されすぎていて

自分で自分を縛っていたようです

 

感覚って 本能 ハラの声 もう一人の自分 いのちの声 など

いろんな言い方ができますが

 

いのちの声に従い『覚悟』を決めれば

それを叶えるために

自然にそのように動くようになっているらしいです

 

だから自分の感覚を信じ

『覚悟』もってやって行けば

きっと何かが変わるはずですし

それがどうなっても納得できるわけなんですね

それって自分に対する責任なのかも・・・

 

信じるって大事ですね

僕を信じて下さいとは言いませんが

僕はアナタを

アナタの治る力を信じますよ

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

 

スタンス comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://maruyama.go-glc.com/trackback/337
<< NEW | TOP | OLD>>