simple real life
今、思うコト

9月6日、

午前3時8分に起きた地震で、

僕の住む札幌市中央区は、

3時30分位から停電になりましたが、

9月7日の5時30分頃に通電し、

今はいつも通りになって、一安心です。

 

停電中、

スマホやラジオで

情報を得てはいましたが、

 

通電して、

TVを見て、

改めて被害の大きさを知りました。

 

 

今回の地震で、

誰もが自然の脅威を感じ、

当り前の日常が貴重だというコトに、

気が付いたのではないでしょうか?

 

 

現代の快適で便利な暮らし。

 

それは、裏を返せば、

脆くて吹けば飛んでしまうようなモノなのかもしれません。

 

ローソクの明かりで過ごした夜、

余震もあり、

停電がいつまで続くのか?

今後、断水もあるのではないか?

などの情報が流れたり不安もあった中、

 

そんな中でも、

明かりがなくて、いつもより暗い夜空に星空がキレイだったこと

キャンドルで静かに過ごすのも悪くないこと

日常の当り前が当たり前ではないこと

どこかで、誰かが頑張っているから快適な暮らしがあり

そして、何よりも命があること

 

大事なコトを忘れていたと気付きました。

 

 

そして、

防災グッズを揃えるとか、

食料を備蓄するとか、

備えも大事ですが、

今の生活のあり方、

生き方を試されている気がします。

 

約26時間、

電気が使えない生活で、

冷蔵庫も使えなく、

明かりもなく、

多少の不便は感じましたが、

 

でも昔はそうだったんだよな、

なんて思い、

 

だからと言って、

昔ながらの生活をするというのではなく、

便利なモノはうまく使い、

頼り過ぎず、

アテにし過ぎず、

その上で、

無くても良いモノ、

無いと不便だけどどうにかなるモノ、

無いと困るモノを、

一度整理してみると、

 

僕にとっては音楽と本と

本を読むための少しの明かりがあれば良くて、

 

だから、

ソーラーバッテリーがあるといいかなと思い、

購入を考えています。

 

あとはやっぱり健康なカラダとココロ。

 

体力はあるに越したことは無いし、

災害時には予備の体力も必要で、

 

体調管理・健康の維持・増進にも

運動はとても有効ですが、

普段から歩くとか

トレーニングするとかは

こういう時に生きてくるんですね。

 

改めてこれを機に、

自然の驚異を知り、

自然の恵みに感謝し、

謙虚に慎ましく、

地に足の着いた生活をしていきたいと思いました。

 

 

 

みなさん、

お身体、大丈夫ですか?

 

今はまだ落ち着かないかもしれませんが、

後から心身に出てきたりします。

 

『心身』ココロとカラダ、カラダとココロ

繋がっています。

 

どちらも大事で、

バランスを取り合っています。

 

頑張り過ぎないように、

落ち着いたらケアしに来てくださいね。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

日々 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://maruyama.go-glc.com/trackback/389
<< NEW | TOP | OLD>>