simple real life
力が入る癖

秋も深まり朝晩の寒さが厳しくなってきましたが、

気付くと肩に力が入っていたりしませんか?

 

無意識だとは思いますが、

力が入る癖がある方が多いです。

 

僕も

寒い時や、

字を書く時、

何かを持ったり拭いたりする時、

運転でハンドルを握っている時、
電話で話している時、など

ふと気付くと力入っていたなと思う事があります。

 

それが必要な力だと良いのですが、

無駄に力を入れてしまっている事がほとんどで

それだと、やっぱり疲れますよね。

 

ウチの店に来る方の中にも

普段、力が入っているんだろうなと感じる方も多く

 

自覚は無いけど

カラダにはそのサインが出ていて、

眉間に皺が寄っていたり(目を凝らして見る癖)

アゴの周りの筋肉が硬くなっていたり(くいしばる癖)

首肩の筋肉にこわばりがあったり(肩をすくめる癖)

 

他にも過去の怪我の影響や

怖い思いや痛い思いををしたなどの心理的なもの

気候の変化などの外的要因もあれば、

ストレスなどの精神的なもの

カラダの使い方や姿勢のアンバランスによるものなど

力が入ってしまう要因は様々です。

 

そして、

力が入ってしまう、

力が抜けないという時は

もれなく呼吸も浅くなっています。

 

呼吸が浅くなり酸素を充分に取り込めないので

細胞に栄養が行きわたらず、

それが、

頭痛・肩こり・疲れやすい・疲れが取れない・ダルイ・吐き気がする・思考が回らない

他にも免疫が下がったり、代謝も悪くなったり・・・

痛みや辛さのなどの不調の原因の一つかもしれません。

 

力が入ってしまう、

力が抜けないという時の対策としては、

何気なく力が入っていることが多いので

先ずは、日常の中でどんな時に力が入っているのかを

意識してみるコト。

 

そして、力が入っている時がわかったら、

力が入っている時に抜こうと思ってもなかなか難しいので

そんな時は、逆に意識的に力を入れてスッと抜く

 

最大限ぎゅ〜っと縮めて

その反動でぱぁ〜っと解き放つようなイメージで。

 

カラダをぎゅ〜っと思い切り丸めて

ぱぁ〜っと広げる

 

肩を思い切りすくめて

ストンと落とす

 

グッとくいしばって

パッと口を大きく開ける

 

 

もう一つは、

ゆっくり大きく深く呼吸をすること。

 

特に吐く方をゆっくりと、

力が入っていると深く呼吸することが出来ないので

意識的に深く呼吸することが力を抜く事にも繋がります。

 

そして、

吐く時にカラダの中心の

軸(丹田)を意識する。

 

力が入っている時は、

意識が胸より上(頭)に行っているので

その意識を胸より下(腹)に下す。

 

なるべく日常でもヘソの下(丹田)に

軸があるイメージをして、

そのままそこを中心に

姿勢を保ったり

動いたりしてみる。

 

逆に、

意識が上にあるから

力が入ってしまうとも言えます。

 

練習は必要ですが、

これが身につくと

所作が綺麗でしなやかになり

見た目も美しいし疲れないです。

 

日本の武道や茶道・書道など

『道』の付くものは

これを大事にしていますよね。

 

 

 

あなたは力が入る癖ありませんか?

 

自分ではよくわからないけど

力が入っている気がするとか、

自覚はあるんだけど抜き方がわからない、

という方は

一度チエックしに来てみるといいですよ。

 

僕の整体では、

姿勢のバランス

筋力

内臓

自律神経

気の流れ

ココロの状態などを

総合的にチエックして、

 

手技での整体調整と

今のあなたの状態に合わせたセルフケアの方法、

日常の中であなたの治る力が発揮できるように

段階を踏んで食事・栄養のアドバイスや

自宅でできるエクササイズなどをお伝えしています。

 

あなたに合ったメンテナンス法を

一緒に見つけましょう。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://maruyama.go-glc.com/trackback/399
<< NEW | TOP | OLD>>