simple real life
どっぷり

IMG_20181205_153725~2_20181205153922.jpg

うちの基本コースは60分です。

施術について

以前は、30分と60分の二つでやっていました。(今もやってます。)

 

60分の基本コースは、

カラダ全体のバランスチェックをして、

(姿勢・歪み・神経・筋肉・内臓・気の流れ・ココロの状態なども含め)

調整するというコース。

 

30分のコースは、

時間が無いけど何とかしてほしいという時や、

短期間で集中的に施術した方がいいという時に、

使っていただけるといいと思い設定したコース。

 

 

6年前の開院時

当時は、短時間で改善という施術スタイルを目指していました。

 

そういうテクニックや考えは今も素晴らしいとも思いますし、

否定する訳ではありません。

 

ですが、

短時間で改善となると、

何が良くないのか、

何が原因だったのかを、

あまり自分で考えないと思いますし、

辛くなったら行けば良いとか、

辛い所だけやってくれたらいい、

という考えになってしまうと思います。

 

そういう方はそれでいいと思いますが、

それは僕のスタイルではないと感じるようになり、

 

僕がやりたいのは

そうではなく、

辛さの原因を探り

同じ辛さを繰り返さないように根本から改善する。

そして、ご自身のカラダを大切にして、より快適に暮らしてほしい。

その為のサポートやご提案を施術や関わりの中でしていきたいのです。

 

いい仕事するコトや、いい休暇を過ごすために、

健康でいるコトはアナタらしい人生を送るために欠かせないコトで、

そのためにカラダのメンテナンスをするという価値観を大事にしてほしい。

そういうコトをお伝えしていきたいのです。

 

それは、10分とか15分ではそれはお伝え出来ないし、

実感も出来ないと思います。

 

でも、ただ時間をかければいいというわけでもなく、

その時のカラダの反応や状態にもよって時間のかけ方も違うのですが。

 

 

最近は、

東洋医学の観方をするようになって、

気の流れや内臓の調整や手当てを施術に取り入れていくと、

時間をかけた方がいいと感じるようになり、

外側や表面だけの変化ではなく、

内側の深い所にある本来の治る力を発揮させるには、

ある程度の時間も必要だと考えるようになりました。

そうなると、

60分では時間が足りないというコトもでてきて、

90分でじっくり深いところにアプローチできるコースの方が、

より効果が持続したり、今までにない良い変化が出るのではないかと思います。

 

 

実は、前から90分コースというのもあり、

調整するにはこれぐらいの時間が必要だという方には、

僕からご提案をさせていただいていました。

 

あとは、

じっくり&どっぷりリラックスしたいとご希望の方にも。

 

だから今までは、

裏メニュー的にNET予約限定にしたり、

ご希望の方にという形にしていました。

 

ですが、

最近、ご希望が増えてきたのと、

僕自身が時間をかけた方が施術効果があると実感することが増えて来たので、

90分コースを正式にメニューに入れました。

(今まで通り30分コースもあります。)

 

 

どうなりたいのか?

 

痛みや辛さの改善

疲れを取りたい

リラックス

リセット

健康の維持・増進

パフォーマンスの向上など、

あなたの目的やご希望、

その時のお身体の状態により

施術の内容や時間のかけ方は変わります。

施術についてはこちら)

 

90分コースは、

どっぷりリラックスしたい方、

カラダの奥の方からの変化を実感したい方に、

おすすめのコースです。

 

強要はしません。

「こういうのもありますよ」という提案です。

今まで通りのコースもイイでしょうし、

試しに90分受けてみようかなというのもイイと思います。

 

カラダの奥の方で何か感じるものがあるかもしれませんよ。(笑)

 

 

 

12月9日、第4回札幌こころとからだ塾

じっくり柔らかく丁寧に、深いところに入っていく手当て。

『層のアプローチ』学んできます。

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

コースのこと comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://maruyama.go-glc.com/trackback/407
<< NEW | TOP | OLD>>