simple real life
渾身の?


昨日、体調を崩し入院している母を見舞に病院へ。

 

数日前に行った時より元気になっていて一安心。

 

僕:「元気になって良かったね」

  「なんか食べたいものない?」

なんて、何気ない会話。

 

すると、

母:「今まで話したことなかったけど」と、

いきなり衝撃のファミリーヒストリーを話し始め、

なかなかのディープな内容に少し戸惑いつつ、

いつものように話があっちに行ったりこっちに行ったりするのを

注意深く聞いていると、

 

急に、オリンピックの話になり、

 

母:「オリンピックまで死ねない」

 

僕:「そうだね、東京だし見たいよね」

 

母:「いや、見るんじゃなくて出る」

 

僕:「・・・・・・・」

 

ビックリしてスルーしてしまいました。

 

その後、何事もなかったように普通に会話してましたが、

あれは、母が今回の入院で最期を覚悟しての渾身のボケなのか、

本当にボケてしまったのか・・・

 

病院を出た帰り道、歩いていると、

ディープなファミリーヒストリーの話よりも、

「オリンピックに出る」が頭から離れない・・・

 

あそこはツッコむべきだったのかな?

何の競技に出るのか聞けばよかったな(笑)

 

 

 

 

※上の写真は昭和の匂いプンプンな、たぶん3歳くらいの写真です。

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

日々 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://maruyama.go-glc.com/trackback/410
<< NEW | TOP | OLD>>