それ、やさしいね。

0

     

    「やさしいズ」の画像検索結果
    前回の記事(『ととのえる』)で、

     

    今の暮らしのリズムの中で、

    こっちの方がやさしいなという方を試してみる。

    そして、劇的な変化を求めずに

    焦らずに待つ。

     

    と書きましたが、

     

    やさしい方を選ぶってなに?

    どういうこと?って思いますよね。

     

     

    例えば砂糖。

    口に入れた瞬間に甘い

    刺激的なモノの代表です。

    やさしくないモノです。

     

    でも、

    砂糖は良くない

    甘いモノは良くない

    と言われてもやっぱり食べたい。

     

    食べたいには理由があります。

    それは、『ゆるみたい』からなんです。

     

    なぜ、ゆるみたいのかというと

    それは、緊張しているから。

     

    なぜ、緊張しているのかというと

    それは、仕事や日常の中で

    ムリをしていたり

    我慢をしていたり

    頑張り過ぎていたり

    疲れがたまっていたり

    合わないことをしていたり・・・

     

    それがココロやカラダの緊張になり

    それをゆるませたいから食べるんです。

     

    食べるとホッとするという経験がみなさんもあると思いますが、

    アレです。

     

    ストレスで食べてしまう。

    アレです。

     

    その緊張が強ければ強いほど

    強くゆるむもの(刺激)を求める。

    それが砂糖やアルコールなどの強くゆるむものなんです。

     

    だから、

    ゆるみたくて

    どうしても甘いモノを欲する時は、

    食べてもいいんです。

     

    食べないことがストレスになるくらいなら食べた方がイイ。

     

    でもその時に、やさしい方を選びましょうということです。

     

    同じ甘いモノでもやさしい甘さのモノを

    砂糖よりはちみつ

    チョコレートより干し芋

    ケーキよりおにぎり

    不自然なモノより自然なモノ

     

    口に入れてすぐ甘く感じるものは刺激です。

    噛んでいてだんだん甘く感じるモノの方がカラダにはやさしいのです。

     

    あとは、いくらやさしいモノでも食べ過ぎるとやさしくないモノになりますし、

    ちゃんと噛まないとか、冷たいモノを食べてもやさしくありませんね。

    たから、量とか食べ方もなるべくやさしい方を選んでください。

     

    甘いモノを食べたらダメではなく

    やさしい甘さのモノでもカラダはゆるみますよ。

     

    そして、その中で

    なぜ刺激を欲するのか、

    なぜ甘いモノが食べたいのかという原因を知るコトをしないと

    また強く緊張してしまい、強くゆるみたいので刺激を求める・・・

    悪循環になってしまいますね。

     

    そこで、なぜ緊張しているのかを振り返ってみる。

    その原因が仕事だったりすると

    自分だけのコトではないので調整することは難しいかもしれませんが、

     

    そんなときは、『ととのえる』コトをしてみて下さい。

     

     

    ととのってくると

    ゆるんで緊張はなくなり、

    緊張してもゆるみやすくなり、

    あまり刺激的なモノは欲さなくなるはずです。

    そして調子が良くなり

    より自分の能力を発揮できるはずです。

     

    あとは、刺激的な甘いモノを食べてしまったら

    そのリカバーをやさしい方法でやりましょうね。

     

    現代社会、日常生活を送っていると

    自然の摂理から離れた生活をしていると

    乱すモノばかりで補えず

    バランスが崩れてしまいます。

     

    ととのえる方法・ゆるむ方法には

    いろんな方法があります。

     

    僕の場合は、

     

    食べ過ぎたら1食抜く

    週に一回は玄米を食べる

    寝る前に白湯を飲む

    お腹をあたためる

    早めに寝る

    猫をなでる

    自然に触れる など

     

    そうやって

    過不足のないように

    程よい状態を保つようにしています。

     

     

    カラダがよろこぶモノ

    カラダがよろこぶコトを

     

    そんなコトでいいのって思うかもしれませんが

     

    それ、やさしいねって感じる方を

    楽しみながら

    頑張り過ぎずに

     

    甘やかすのではなく

    バランスを取る。

    程よくつり合いのとれた状態にする。

     

     

     

     

    何かを強く欲する時は

    その日や何日か前からを思い出し

     

    ムリしてないかな

    我慢してないかな

    頑張り過ぎていないかな

    合わないコトしていないかな

     

    と振り返ってみて下さい。

     

    きっと何かあったはずです。

     

    仕事などで止むを得ないコトもありますが、

    その分を何かでととのえるといいですよ。

     

     

    いい仕事をする

    いい休暇を過ごす

    良い人生を送る

    自分らしく生きる

     

    そのために、コンディションを『ととのえる』。

    自分に合ったやさしい方法で楽しみながら続けていく。

     

    そうすると、カラダはちゃんと元気になりますよ。

     

     

    今日は、何をしたらカラダがよろこびそうですか?

    やさしい方法でやってみて下さいね。

     

     

     

    『そっと、明日に背中を押す整体院』
    グリーンライフカイロプラクティック

    グリーンライフカイロプラクティック院長

    対馬勝利のプロフィール・想い

     

    施術について

     

    予約TEL 011−839−1417

    ネット予約はこちらから

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM