なぜ「ととのえる」のか

0

    なぜ、「ととのえる」のか?

     

    それは、自分らしく生きるためです。

     

    ととのっていれば、

    本来の自分の力を発揮できて、

    自分らしく心地よく生きられる。

     

    では、「ととのえる」ために何をするのか?

     

    先ずは、現状を知るコトです。

     

    今、自分はどういうバランスかな?

    カラダやココロから何かサインは出ていないかな?

     

    肩こりや腰痛、疲れが取れない、疲れやすい、

    気分が乗らない、やる気が出ない、など・・・

    何か不調があるというコトは

    バランスが崩れているサインです。

     

    いつもこんな感じだし、自律神経とか年齢とか体質とかのせいにして、

    諦めているのはもったいない。

    ととのえばサインは消えます。

     

    現状を知るためには、

    痛みとか辛さなどの不調だけで判断するのではなく、

    何か自分の調子をはかる目安(基準)があるとイイと思います。

     

     

    ウォーキングでも

    ヨガでも

    瞑想でも

    体操でも

    自分に合った方法で

    カラダやココロのサインに気付ける何かを、

     

    それは何でもいいんです。

    何をやるかよりも

    どういう意識でやるかが大事です。

     

    ムリなく頑張り過ぎずに、

    楽しく続けて出来るコトがイイでしょう。

     

     

    ネガティブなサインが出ているなら

    今の暮らしや前の季節の過ごし方が乱れていた(合っていなかった)証拠

    ポジティブなサインは今の暮らしや

    前の季節の過ごし方が良かった(合っていた)証拠

     

    頑張り過ぎていないかな

    ムリしていないかな

    合わないコトしていないかな

    食べ過ぎ、飲み過ぎはないかな

    動き過ぎ、動かな過ぎはないかな

    寝不足、生活リズムの崩れ、偏食・・・

     

    不調があるというコトは

    あなたにとっての丁度いい(中庸)から

    何かが偏ってバランスが崩れているというコトです。

    それは、一つだけではなく

    いろいろな要素が重なり合っているかもしれないし、

    良かれと思ってやっているコトが原因かもしれません。

     

    それが、良いとか悪いとかではなく、

    自分を責めるのでもなく、

    なぜそうなったのかを振り返り、

    日々のアレコレを見直してみる。

     

    必ず原因はあります。

     

     

    中庸(丁度いい)を保つ。

     

    その時々に感じる揺れは自然なコトで、

    また(中庸に)戻れる。

     

    体調も良く

    穏やかな感情で

    ふり幅が少ない

    刺激が少ない

    人から見ればつまらないと感じるかもしれませんが、

    自分の中の程よい自然な揺らぎの中でいられるコトの幸福感と安心感。

    大きく刺激的な変化ではなく、

    小さなちょっとした変化に気づき楽しむ。

     

    そこに喜びを感じ感動することこそが、

    本当の豊かなコトなんだと思います。

     

    ご飯が美味しく炊けたとか

    朝日が気持ちよいとか

    「ヨシッ」って思える些細なコトがいっぱいあると

    それが心地いいになる。

     

    大きな変化も刺激的でいいと思いますが、

    ふり幅が大きすぎて疲れるし、

    更に激しい変化を求めてしまいます。

     

    これは、日々の出来事も

    食事も同じで、

    たまには刺激もイイですが、

    刺激を求めるというコトは

    偏ってバランスが崩れているサインでもあります。

     

     

    不調があるというコトは原因に気づくチャンスです。

     

    表面的ではなく根本的な改善をするために大事なのは気付くコト。

    その為には振り返る。

     

    表面的に起こっていることは、

    あまり意味がなく

    ただ起こっているだけなんです。

     

    根本的な原因が何かあるはずです。

    それは一つではなく、

    幾つか重なっているかもしれないし、

    すごく奥の方にあるかもしれない。

    薄皮を剥いでいくように、

    段階と時間が必要かもしれない。

    何度も言いますが、大事なのは気付くコト。

     

    そして、自分をいかに「ととのえる」かです。

     

    周りのことはどうでもいいんです。

    先ずは自分です。

     

    でも、自分勝手になるとか、

    我がままになるというコトではありません。

     

    無理をして周りに気を使う必要はないし、

    自分がしんどいのに無理をして気を使って

    勝手に疲れて機嫌悪くなって・・・

    それは相手も望んでいないし、

    そんなことしてもイイコトはありません。

     

    自分がととのっていれば自然な形で気が使えるし、

    ととのって自分の気が満ちていれば、

    いい気が巡り、周りもととのいます。

     

    だから、まず自分のコトです。

    余裕があれば人に気を使ってもイイですが、

    ムリをして人に気を遣うのではなく、

    自分を「ととのえる」コトにもっと気を使いましょう。

     

     

     

    自分じゃわからない方や、

    ちょっと手助けして欲しいという方は、

    施術でお手伝いできますよ。

     

     

    『そっと、明日に背中を押す整体院』
    グリーンライフカイロプラクティック

    グリーンライフカイロプラクティック院長

    対馬勝利のプロフィール・想い

     

    施術について

     

    予約TEL 011−839−1417

    ネット予約はこちらから

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM