simple real life
何を食べたらいいですか?



食べるというコトは、(関連記事)

カラダの状態ととても関係が深いので、

問診時や施術中に必ず食事の内容とお腹の調子を聞きます。

 

私たちのカラダは、

食事によって活動するためのエネルギーが作られているので、

何を食べているのかと、エネルギーを作るお腹の働きが大事になります。

 

だからといって、

アレを食べたらダメとか、

ソレは良くないとか言うつもりはありません。

 

それよりは、「なぜそれを欲したのか」というコトが重要で、

欲したモノや味もカラダからのサインなんです。

 

 

動いて活動すればエネルギーは減るし、

動いていなくても頭を使ったり、

ストレスを感じていても減ります。

 

何をしていても減るのですが、

活動の内容やストレスの種類によって減り方は違います。

 

 

一般的に、食べるコトはエネルギーの補給と考えると思いますが、

 

東洋医学では

エネルギー(気)が減ると、

廻らなくなったり、滞ったりしてカラダが緊張するので、

カラダを緩ませて元の自分に戻りたいから食べると考えます。

 

食べると緩む、緩みたいから食べるんです。

 

ただでさえ減るのに、

頑張って動き過ぎたり、ムリしたり、合わないことをしていると

更に減って緊張して緩めなくなり、

そうなると、緊張したカラダは自分の本来の状態ではないので、

元の自分(中庸)に戻る為にカラダを緩める物を欲します。

 

そして、減り方が激しいと、

激しく緊張するので激しく緩む物を欲します。

それが砂糖などの甘味や

アルコールや味の濃いモノや辛い物などの刺激の強い物なんです。

刺激的なモノは大きく緩むのですが、

緩み過ぎて大きく揺さぶられてしまうので、

カラダにはやさしくないんです。

 

だからこれらを欲した時は

疲れているんだな

頑張り過ぎているんだな

ムリしているんだな

と激しく緊張する理由を振り返り自覚するようにして、

今度はそうならないように少し工夫すれば

刺激的な物を欲さなくなるし、

別な方法でカラダを上手に緩めることが出来るはずです。

 

そうすれば、ムリして食べたい物を我慢しなくても

激しく緩める必要がないから欲さなくなるし、

他のやさしい食べ物でゆっくり緩む方がカラダにもやさしいんです。

 

 

東洋医学を使って紐解いていくと

カラダの状態と食事の内容

欲するモノや味、

それによって出ている反応などを総合的に観て

陰陽や五行を使ってこれを食べるとバランスがととのいますよ

という提案ができます。

 

だから、「何を食べたらいいの?」と聞かれれば、

好きな物、食べたい物を食べればいいと思いますが、

なぜそれを欲したのかは振り返るようにするといいですよと答えます。

 

それでも何を食べたらいいのかと聞かれた場合は、

旬の物を食べましょうと答えます。

季節の物、出来ればその土地で取れた物を食べていれば

その季節や土地に合ったカラダになって

ととのうようになっているのです。

 

刺劇的なモノを欲した時には

少し振り返ってみて、

あの時ちょっと無理していたなとか

何かを我慢していたなとか

きっと思い当たることがあるはずです。

 

大事なのは気付くことです。

 

それでも、

量が多すぎたり

刺激が強すぎたり

夜の遅い時間に食べてしまったり

不自然な物だったり

間違ってしまうこともあると思うので、

そんな時は、
お腹をあたためたり

温かいモノを食べたり

お腹を休めてあげたり

やさしいコトをして補って下さいね。

 

 

東洋医学にそのヒントやアイデアがいっぱいあるので、

上手に緩みたい方はお気軽にお越しください。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://maruyama.go-glc.com/trackback/453
<< NEW | TOP | OLD>>