simple real life
力が入る癖

秋も深まり朝晩の寒さが厳しくなってきましたが、

気付くと肩に力が入っていたりしませんか?

 

無意識だとは思いますが、

力が入る癖がある方が多いです。

 

僕も

寒い時や、

字を書く時、

何かを持ったり拭いたりする時、

運転でハンドルを握っている時、
電話で話している時、など

ふと気付くと力入っていたなと思う事があります。

 

それが必要な力だと良いのですが、

無駄に力を入れてしまっている事がほとんどで

それだと、やっぱり疲れますよね。

 

ウチの店に来る方の中にも

普段、力が入っているんだろうなと感じる方も多く

 

自覚は無いけど

カラダにはそのサインが出ていて、

眉間に皺が寄っていたり(目を凝らして見る癖)

アゴの周りの筋肉が硬くなっていたり(くいしばる癖)

首肩の筋肉にこわばりがあったり(肩をすくめる癖)

 

他にも過去の怪我の影響や

怖い思いや痛い思いををしたなどの心理的なもの

気候の変化などの外的要因もあれば、

ストレスなどの精神的なもの

カラダの使い方や姿勢のアンバランスによるものなど

力が入ってしまう要因は様々です。

 

そして、

力が入ってしまう、

力が抜けないという時は

もれなく呼吸も浅くなっています。

 

呼吸が浅くなり酸素を充分に取り込めないので

細胞に栄養が行きわたらず、

それが、

頭痛・肩こり・疲れやすい・疲れが取れない・ダルイ・吐き気がする・思考が回らない

他にも免疫が下がったり、代謝も悪くなったり・・・

痛みや辛さのなどの不調の原因の一つかもしれません。

 

力が入ってしまう、

力が抜けないという時の対策としては、

何気なく力が入っていることが多いので

先ずは、日常の中でどんな時に力が入っているのかを

意識してみるコト。

 

そして、力が入っている時がわかったら、

力が入っている時に抜こうと思ってもなかなか難しいので

そんな時は、逆に意識的に力を入れてスッと抜く

 

最大限ぎゅ〜っと縮めて

その反動でぱぁ〜っと解き放つようなイメージで。

 

カラダをぎゅ〜っと思い切り丸めて

ぱぁ〜っと広げる

 

肩を思い切りすくめて

ストンと落とす

 

グッとくいしばって

パッと口を大きく開ける

 

 

もう一つは、

ゆっくり大きく深く呼吸をすること。

 

特に吐く方をゆっくりと、

力が入っていると深く呼吸することが出来ないので

意識的に深く呼吸することが力を抜く事にも繋がります。

 

そして、

吐く時にカラダの中心の

軸(丹田)を意識する。

 

力が入っている時は、

意識が胸より上(頭)に行っているので

その意識を胸より下(腹)に下す。

 

なるべく日常でもヘソの下(丹田)に

軸があるイメージをして、

そのままそこを中心に

姿勢を保ったり

動いたりしてみる。

 

逆に、

意識が上にあるから

力が入ってしまうとも言えます。

 

練習は必要ですが、

これが身につくと

所作が綺麗でしなやかになり

見た目も美しいし疲れないです。

 

日本の武道や茶道・書道など

『道』の付くものは

これを大事にしていますよね。

 

 

 

あなたは力が入る癖ありませんか?

 

自分ではよくわからないけど

力が入っている気がするとか、

自覚はあるんだけど抜き方がわからない、

という方は

一度チエックしに来てみるといいですよ。

 

僕の整体では、

姿勢のバランス

筋力

内臓

自律神経

気の流れ

ココロの状態などを

総合的にチエックして、

 

手技での整体調整と

今のあなたの状態に合わせたセルフケアの方法、

日常の中であなたの治る力が発揮できるように

段階を踏んで食事・栄養のアドバイスや

自宅でできるエクササイズなどをお伝えしています。

 

あなたに合ったメンテナンス法を

一緒に見つけましょう。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
『なんとなく』を大事にする

 

『なんとなく』・・・はっきりとした因果関係がないままで、

                             事が起こってくるさま。

          形容するための適切な言葉が見つからないさま。 など

 

同類語だと

気の向くまま、勢いで、無意識の内に、自然に、思いがけず、図らず、   など

 

状況により、

いい意味でも、

悪い意味でも、

使われる言葉ですが、

 

『なんとなく』って、

あまり良い意味で使われていないような気がしていて、

 

それはきっと、

良いように働けば『直観が鋭い』とか『センスがイイ』というように捉えられて、

そうじゃなければ、『適当』とか『いい加減』とかになり、

 

僕は最近まで、

この『なんとなく』を、

あまり良いモノだとは思っていなかったのですが、

 

東洋医学を勉強したり、

丹田の意識をするようになってから、

関連記事はこちら

 

目に見えるモノだけにとらわれずに、

イメージすることで起きるカラダの反応を体感したり、

ココロとカラダの繋がりをより深く感じたりして、

今までよりも、

自分の『感覚』を大事にするようになりました。

 

そうすると、

自分の中にある『なんとなく』が、

僕をサポートしてくれているコトに気付き、

今までのあんなコトやこんなコトは、

『なんとなく』のおかげなのかも知れない、

これは、もしかしたらすごく良いモノかも知れない、

いや、良いモノのはずだと・・・

 

この『なんとなく』は、

言い換えれば、カラダの声(本能・本音・生命・快・・・)

なのかもしれませんが、

僕のイメージでは、

そのカラダの声を聞く、前段階のサインというかヒントというか

そんな感じがしていて、

 

それは目に見えないものだし、

人それぞれ感じ方も違うものだとは思いますが、

まずは、自分の『なんとなく』を信じて、

感じてみようと思い、

 

『なんとなく』は無意識だから、

意識する時点で『なんとなく』じゃなくなるかもしれないけど、

その境目を意識してみようと思って、

最近、生活の色々な場面で試しています。

 

 

『なんとなく』の時と、

『なんとなく』じゃない時、

 

それは、

『思考』か

『感情』か

『感覚』かの違いでもあり、

 

頭で考えているのか、

ココロやカラダで感じているのか、

 

頭で考えるのが悪いわけではなく、

『なんとなく』感じたモノを説明するためや、

実現(表現)するための方法を考えるのに頭を使うのは良いけど、

見た目とか先入観にとらわれ、

頭だけで考えてばかりいると、

『なんとなく』を感じられなくなってしまう。

 

でも、『なんとなく』の感覚だけだと、

人に説明できないし、表現も出来ない。

 

ここに、ココロ(感情)が入り、

自分勝手にならずに、

気使いや優しさでバランスを保ち、

調和できると良いですが、

それが難しい・・・

 

だから、その境目がどこで、

どんな時に変わるのかを自覚できるようになれば、

『なんとなく』をキャッチしやすくなり、

精度が高まって、信頼できるようになり、

思考や感情に左右されることなく、

ナイスなチョイスが出来るようになるはずです。

 

そうなると、『なんとなく』は、

どんな時でも自分の側にいて、

自分をサポートしてくれる、

最高の味方になるんじゃないかと思います。

 

 

この『なんとなく』を、

カラダで感じてみる方法はいくつかあるのですが、

 

シンプルな方法としては、

感じようと頑張るのでもなく、

頭で考えるのでもなく、

感情にも左右されず、

イメージしながら、

ただ感じるだけ

 

イメージなのでそれぞれ違ってもイイと思うのですが、

僕の場合は、

ゆっくり深く呼吸をしながら、

リラックスして、

もう一人の自分が、

ヘソの下の奥の方(丹田)にいるようなイメージで、

聞いて(感じて)みるんです。

 

なるべくストレスなく、

クリアな状態の方がイイのですが、

慣れてくるとある程度のストレス下でも感じられるようになります。

 

大事なのは焦らないで、

ただ、感じるコト。

 

それは、きっと

元々、誰もが持っている感覚で、

『気付くとか』

『思い出す』

という感覚に近いかもしれません。

 

そして、

それは、自分だけの感覚で、

皆さんにとっての『なんとなく』は、

僕の『なんとなく』とは違います。

 

それは、

正しいとか間違えとか(思考)、

好きとか嫌いとか(感情)、

じゃなく、

カラダで感じる『快か不快か』なんです。

 

 

いろんな選択をする時に、

カラダで感じてみる、

そう、ただ感じてみる。

 

頭デッカチになっていたり、

感情に振り回されていては、

良いチョイスはできませんからね。

 

 

ちゃんとカラダを労わって、

カラダと仲良くして、

カラダに嘘をつかないで、

カラダが喜ぶコトをしてあげると、

そこに、カラダとの信頼が生まれて自信がつく、

そうすると、言うことも聞いてくれるし、

いろいろ教えてくれると思います。

過信はダメですけどね(笑)

 

 

 

アナタが、

アナタ自身が、

『なんとなく』感じる方を選んでみる。

 

その繰り返し、

それは自由でもあり、

責任でもあります。

 

決めるのは自分、

答えは内側にあるんです。

 

外側の色々な情報は選択肢であって、

答えではありません。

 

何かを選ぶ時、

『なんとなく』を大事にしてみるとイイかもしれませんよ。

 

 

 

『感じる』には、なるべくクリアでリラックスしていた方がイイですが、

ココロやカラダのバランスが崩れていると感じにくいです。

言い換えれば、感じられないからクリアになれないし、

リラックスできなくて、ストレスが続き不調になるとも言えます。

 

そんな時は僕の整体で、

感じられるカラダ・信じられるカラダに調整する(戻る)お手伝いも出来ますよ。

 

 

大切なモノは、

目に見えないモノらしいです。

 

最終的には、

無意識で、

自然体で感じられるとイイですね。

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

グリーンライフカイロプラクティック院長

対馬勝利のプロフィール・想い

 

施術について

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
軸の意識




先日、久しぶりに三角山に登って来ました。

 

僕の中で、山登りは

自分の状態を知る大事な確認作業でもあって

誰かと登るときはワイワイ登りますが

1人の時は意識を内側に向けて

色々なコトを確認します

 

前回はこの辺で呼吸が乱れて来たけど

今回は全然大丈夫だなとか

この筋肉が使われてるななどの

身体的なコトや

 

鳥の声や森の匂い

風の感じや日差しが気持ちいいなとか

感覚的なコトを

 

日常の生活ではあまり意識しない

気付けていないコトなんかを

確認するようにしています

 

それは、山登りじゃなくてもいいのかもしれませんが

僕には三角山がその作業をするには丁度よくて

近くには円山や藻岩山もあり

どちらもいい山なのですが

車でも行けるし、あまり人にも会わず

ひっそりと登るには三角山が丁度よくて

 

三角山は冬でも毎日登っている方がいるので

山道はちょうどよく踏み固められていたのですが

やはり、ところどころ滑るところがあり

踏ん張って登っていたら

ズルッと滑り

 

そこで、前回の滑る道の歩き方の記事でも書いたのですが

カラダの内側、丹田を意識して中心に軸をつくり

外側はゆるゆるで

内側はしなやかな軸がある感覚で登ってみると

滑らないし踏み込む力が逃げないので

疲れづらいというコトに改めて気づきました

 

最近は、この感覚を施術時にも意識したり

来ていただいている方にもお伝えしているのですが

とてもシンプルではあるのですが奥が深く

色々なコトに役に立つ感覚なので

どんどん深めていきたいと思います

頂上で深呼吸、確認作業とリセットをして下山

木々も気持ち良さそうに陽を浴びて、春の準備も着実に進んでいるようです

 

 

下りも、ゆるゆるの感覚で下りて来てのですが

歩いてるんだけど踊っているような感じで

平地でも、ずっとこの感覚で歩けると

疲れないし楽しいだろうなと思いました

「ずっと」が難しいんですけどね

 

 

ゆるゆるの感覚が知りたい方は

聞きに来てくださいね

 

きっと、毎日が楽しくなりますよ

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
あなたにとって良い姿勢

いただき物の 文旦(高知産)

 

とてもいい香りがして

何とも言えない淡い黄色も

ぷりっとまるい感じもたまらなくて

食べるのがもったいないので、少し飾って置こうと思います

 

 

昨日も呼と吸という記事で、深い呼吸が大事と書いたのですが

呼吸は姿勢ととても関係していて

 

当然、猫背など悪い姿勢だと呼吸は浅くなるのですが

一般的に良い姿勢と言われる姿勢でも

それが無理して胸を張っていたり

どこかに力が入っていたりすると

見た目は良いかもしれないけど、呼吸がしづらかったりします

 

じゃぁ 良い姿勢って何?となりますよね

 

簡単に言うと

それは、『呼吸のしやすい姿勢』です

 

一般的に良いといわれる姿勢では

大体が見た目重視で

どことどこのラインがそろっていた方がいいとか

ここをこの位置にとか

どこかで頑張っていたり無理がかかることがあり

 

以前は、僕も指標として

そういう見方をしていたのですが

 

今は、『その方にとって良い姿勢』を重視しています

 

 

 

『呼吸のしやすい姿勢』も

意識するポイントはいくつかあるのですが

 

立っている時は肩幅より少し狭く足を置き

 

座っている時はイスに深めに腰を掛けて

 

まずは一度、ゆっくり息を吐いて

なるべくリラックスして

 

 

意識するのは3箇所

 

ハラ・・・ヘソの下(下丹田)

ムネ・・・みぞおちの少し上(中丹田)

アタマ・・・眉間(上丹田)

 

ハラから順番に意識を向けながら

または指先で軽く触れながら

自分の内側に軸があるイメージをして

 

ハラはこの位置が呼吸しやすいな

次に

ムネだとここが呼吸しやすいな

最後に

アタマはこんな感じかな

というふうに

ゆっくり呼吸をしながら

あなたにとって呼吸のしやすい位置を探していきます

 

そうすると

なんとなく落ち着いて来たり

カラダの内側が温かく感じたりしてくるかもしれません

 

感じ方はそれぞれなので

正解は無いのですが

 

なんかしっくりくる感じなんです

 

感覚をつかむまでは

ずっとじゃなくても

姿勢が崩れてきたら戻す

という感じでいいと思いますが

 

慣れてくると

苦にならないですし

心地良くなってくるはずです

 

最初は見た目は気にせずに

今までの癖もありますから

それは個性として良しとして

 

今のあなたが『呼吸しやすい姿勢』が

あなたにとって良い姿勢なんです

 

それは、深く呼吸できる

丹田にエネルギーが満ちる姿勢なので

首肩こりや頭痛・腰痛が出にくくなったり

疲れにくくなったり

イライラしなくなったり

気力が湧いて来たり

集中力が増したり・・・

 

子供も大人も

年齢も性別も関係なく

 

あなたに合った『呼吸がしやすい姿勢』をするだけで

いろんな良いコトがいっぱいです

 

そして、『呼吸をしやすい姿勢』が身についてくると

段々と見た目の姿勢も良くなってくるはずです

 

この『呼吸をしやすい姿勢』の感覚をつかめば

日常の動作や

スポーツなどにも

生かすこともできますよ

 

僕も実践中でこの意識を深めている途中ですが

なんか、いい気がします

 

 

自分じゃよくわからないな

これって、合ってるのかな?と

気になる方は

一度、姿勢チェックしに来てください

 

あなたに合った

あなただけの良い姿勢を見つける

お手伝いしますよ

 

ご連絡お待ちしています

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
本能

日向ぼっこ中のヤンチャボーイズ

気持ち良さそうにしているところを邪魔したので

睨んでいます・・・

 

もはや家主の彼等

一番長く家にいて
ご飯は何もしなくても用意されるし

トイレはいつもキレイだし

出来ないことはあの手この手を使い

人にやらせて

結局は何でも思い通り

 

そんな彼等と

もうかれこれ一緒に暮らして5年になりますが

5年も一緒にいると

ある程度は何を考えているかわかるのですが

猫を飼っている人の中には

猫と会話ができるという人もいるようで

 

僕もそろそろ会話できるようになるのかなと思っているのですが

全くそんな感じもなく

日々 弄ばれています

 

 

最近 身体感覚を高めるために

丹田を意識して生活や施術をしているのですが

丹田の中でも下丹田(臍下丹田)は

生命・本能的なエネルギーが集まる場所とされていて

 

そこで思いついたのが

 

もしかしたら

動物は本能が優位なので

僕が下丹田に意識を向けて彼等と関われば

会話とはいかないまでも

イロイロと感じられるんじゃないかと思い

試しているところです

 

猫を飼ってる友達に話したら

『そんなこと考えてるの〜 バカだね〜』って言われたけど

続けてみようと思います

 

何か感じられたら報告しますね

 

 

Don't think.feel

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

日々 comments(0) trackbacks(0)
今年のテーマ

この前、正月を迎えたばかりなのに早いもので1月ももう後半

 

年末年始のバタバタも落ち着き

いつものリズムに戻ってきた感じですね

 

そんな中、今更ながら

今年はどんな年にしようかなと考えたのですが

 

今年は『身体感覚』を大事にする年にしたいと思います

 

 

テーマは

考えるのではなく

感じること

 

『良い・悪い』や『正しい・間違いではなく

シンプルに『快・不快』を感じ

 

しっくりくるとか

腑に落ちるとか

言葉で説明できないけどなんかイイとか

そういうことを大事にしていきたいと思います

 

身体感覚を大事にし

とにかく『感じること』を続けてみる

 

劇的な変化を求めたり

一過性のものではなく

じっくり感じながら深めていく

 

今はその前段階として

カラダの声をちゃんと聞けるように

丹田を意識しながら

生活や施術に取り入れたりして

どうゆう変化が出るか楽しみながら試しています

 

あくまでも自分の中の感覚の変化なので

表向きにはわからないかもしれませんが

きっと何か変わってくるはずです

 

たぶんそれは元々持っている感覚で

誰もが持っているけど使っていないだけで

気付くとか思い出すとか

そういう感覚に近いのかもしれませんけど・・・

 

 

 

皆さんは今年 どんな年にしますか?

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)
今年もありがとうございました。

 

今年もご愛顧いただき、ありがとうございました。

おかげさまで、元気に良い年を迎えられそうです。

 

振り返ってみると

今年はいろいろと変化の年でした

9月に移転したのが大きな変化ではありましたが

他にも

いままで行った事のない内容の勉強会などに行き

考え方が少し変わったり

違うテクニックを取り入れたり

自分でもトレーニングや瞑想(丹田意識)をしてみたり

 

今思うと

この変化は改めて自分を知るいい機会だったんだと思います

あとはこれをどう生かしていくかですね

 

みなさんは、どんな一年でしたか?

 

来年も自分の本当の声に素直に

こっそりと変わっていきたいと思います

 

 

みなさま良い年をお迎えください

 

 

年始は3日の13時から営業いたします

 

2018年も

グリーンライフカイロプラクティックを

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』
グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
きっと、わけがある

前回もお伝えしましたが

痛いとかダルイとか重いとか

カラダに出ている辛さには『わけ』があります

 

カラダが症状として教えてくれているのです

 

あなたは、ちゃんと考えたことありますか?

どんなカラダの使い方をしているのか

どんな考え方の癖があるのか

どんなものを食べているのか

どんな生活リズムなのか・・・

 

日々の色々なコトに追われ

意識しないとなかなか難しいかもしれませんが

 

一日の中で少しの時間でもいいから

自分を客観的に観る時間を作るといいですね

 

それは、朝でも夜でも通勤中でも

いつでもいいと思うのですが

出来れば毎日同じ時間に同じやり方で継続していくと

初めは何となくかもしれませんが

だんだん感覚としてわかってくると思います

 

やり方はいろいろあって

自分に合ったものを継続してできるのがいいのですが

ウォーキングやストレッチやラジオ体操など動的なもの

瞑想などの静的なもの

呼吸をゆっくりするとかでもいいと思います

 

大事なのは何を意識してやるのかということで

ただダラダラやってるだけならあまり意味はありません

 

僕は、毎朝ストレッチ的なものをかれこれ15年以上やっていますが

毎朝やることで、その日のカラダの調子やココロの状態を確認することができたり

怪我の予防やいい状態の維持ということも意識してやっています

 

夜は、寝る前に軽いストレッチと

丹田を意識して自分の内側を感じるイメージでゆっくり呼吸をしています

 

そうすると少しずつですが、もう一人の自分と会話できるようになるんですよ

内側の自分と会話できると気持ちが安定して迷いもなくなります

 

外側に意識が向き過ぎているときは気持ちも不安定でストレスを感じやすいそうですよ

 

この感覚は最近気付いたことなんですが

そこで改めて思ったのが

今まで起きたコト(過去)は

良いことも良くないことも全部必要なコトだったんだと・・・

 

そして今起きているコトも

何かわけがあってのモノなんだと・・・

 

だから、痛いとかダルイとかの辛さは

自分を見つめ直しましょうということなんじゃないですかね?

 

自分のしていることを棚に置き

誰かや何かのせいにしたりしていませんか?

 

ちゃんと自分のカラダとココロ大事にしていますか?

 

まず声を聞く時間を作ってみてくださいね

 

自分じゃ難しいかもという方は

施術を通してお手伝いできますよ

 

触れられて気付く感覚もありますし

自覚と状態が合っていないこともあるので

気になる方はお気軽にお越しください

 

 

 

 

『そっと、明日に背中を押す整体院』

グリーンライフカイロプラクティック

http://go-glc.com

 

 

予約TEL 011−839−1417

ネット予約はこちらから

 

プロフィール・想い

施術について

 

 

 

 

カラダのコト comments(0) trackbacks(0)